グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  脳神経外科

脳神経外科



診療科の特徴

院長補佐 兼 中耳手術センター長 兼 
脳神経外科部長 中山 禎司

脳卒中センター長
平松 久弥

新生児から高齢者にいたるまでの患者さんの脳血管障害、脳腫瘍、外傷、先天性奇形など幅広い疾患を対象とし保存的治療、血管内治療、手術治療などその患者さんに最も適すると思われる治療法を選択し行います。

脳血管障害

急性期から積極的な治療と早期のリハビリテーションを導入することにより 一日でも早い回復に心がけています。

脳梗塞

急性期の場合は積極的にt-PAを用いた血栓溶解療法を行っています。さらに、血栓回収療法も行っています。脳主幹動脈の狭窄に対しては慢性期にバルーンカテーテルを用いた血管形成術も行っています。頸部頸動脈狭窄症に対しては血栓内膜剥離術及びステントを行っています。もやもや病に対しては小児から成人まで症例に応じて適切な血行再建術を行っています。

脳出血

大きな出血では積極的に開頭血腫除去術を行っています。中等度の出血に対しては亜急性期に血腫吸引術を行っています。

くも膜下出血

脳動脈瘤破裂に対しては開頭クリッピング術を主に行っています。症例によってはコイル塞栓術も行っています。急性期は救命センターにて濃厚な治療を行います。

脳腫瘍

腫瘍の種類により手術療法、放射線療法、化学療法を組み合わせて行っています。手術に際しては各種モニター、ナビゲーションシステムなどを使い出来るだけ安全にしかも効果ある手術を心掛けています。

外傷

急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、脳挫傷、慢性硬膜下血腫などを対象に治療しています。多発外傷では救急科を中心に各科と連携して治療に当たります。

正常圧水頭症

高齢者の歩行障害、認知障害の中には髄液の循環障害による正常圧水頭症が隠れていることがあります。疑わしい場合は5日間ほど入院していただき認知症および髄液循環の精査を行っています。正常圧水頭症と診断できれば腰椎腹腔短絡術(L-Pシャント)を行います。

脳卒中センターの紹介

脳卒中センターの紹介はこちらから(外部ページへつながります。)

《特発性正常圧水頭症について》

特発性正常圧水頭症とは
頭の中には脳脊髄液があり成人男性で一日400ml程度産生されると言われています。脳脊髄液が溜まる空間は約150mlとされています。概算で一日3回髄液が入れ替わっていることになります。この髄液の吸収障害により徐々に髄液が溜まってくる状態を水頭症と言います。特発性正常圧水頭症の原因は動脈硬化などの可能性が示唆されていますが確定したものはありません。症状としては歩行障害、物忘れなどの認知症、尿失禁が特徴的ですが全部の症状が一時期に出現するものではなく軽度の歩行障害、認知障害から始まり徐々に悪化することが多いようです。

続きは、こちらのページをご覧ください。

頸部頸動脈狭窄に対するステント治療について

頸部頸動脈狭窄症に対して、近い将来に生じる可能性のある脳梗塞を防ぐためには、前述の頸部頸動脈血栓内膜剥離術を先に検討します。しかし、この手術は全身麻酔で行われます。心臓や肺疾患あるいは高齢者などで全身麻酔がかけにくい方、内膜剥離術施行後の再狭窄の方、頸部放射線治療後の方、対側の頸動脈閉塞や高度狭窄のある方等には、下記の局所麻酔で行うカテーテル手術(ステント治療)が勧められます。

続きは、こちらからご覧ください。

頚部頚動脈狭窄に対する手術治療について

加齢や肥満、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの影響で、頚動脈の内膜の下にコレステロールが沈着し、動脈内径を狭くしていきます。動脈が狭くなると、脳への血流が不足するため脳梗塞が起きやすくなります。また狭くなった部分で血栓という血の塊ができ、これが脳の血管
に運ばれて脳梗塞を起こすこともあります。
頚部頚動脈が狭窄していると、近い将来、脳梗塞を起こす可能性が高いといえるのです。

続きはこちらからご覧ください

脳動脈瘤について

脳の動脈の一部が瘤上に膨らんだものを脳動脈瘤と呼びます。ここでは、脳動脈瘤に対する外科的治療の方法と当院での治療方針を示します。

続きはこちらからご覧ください

脳血管障害
脳梗塞
脳出血
くも膜下出血
脳腫瘍
外傷
正常圧水頭症、脳脊髄液漏出症

医師紹介

中山 禎司(なかやま ていじ)

院長補佐 兼 中耳手術センター長 兼 脳神経外科部長
専門分野
脳卒中・脳梗塞に対する超急性期血行再建(血管内手術)
正常圧水頭症
脳血管障害
脳腫瘍及び脳神経外科全般
資格等
日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医、指導医
日本救急医学会認定救急科専門医 
日本脳卒中学会認定 脳卒中専門医・指導医
脳卒中の外科技術指導医
浜松医科大学臨床教授
略歴
卒業大学名 浜松医科大学
免許取得年 昭和58年

平松 久弥(ひらまつ ひさや)

脳卒中センター長 兼 医長
専門分野
血管内手術
資格等
日本脳神経外科学会 指導医・専門医
日本脳神経血管内治療学会 指導医・専門医
略歴
卒業大学名 島根大学
免許取得年 平成2年

澤下 光二(さわした こうじ)

医長
専門分野
脳外科一般
資格等
日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医、指導医
専門医:脳神経外科
浜松医科大学臨床講師
略歴
卒業大学名 浜松医科大学
免許取得年 平成5年

水谷 敦史(みずたに あつし)

救急科医長 兼 臨床研修管理室員
専門分野
脳神経外科学・救急医学
資格等
日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医・指導医
日本脳卒中学会認定 脳卒中専門医・指導医
日本救急医学会認定 救急科専門医
日本脳神経外科救急学会 評議員
ICLS(心肺蘇生)コースディレクター
ISLS(神経蘇生)コースコーディネーター
JATEC(外傷初期診療ガイドライン)インストラクター
JPTEC(病院前外傷救護標準化プログラム)インストラクター
PNLS(脳神経外科救急)インストラクター
日本DMAT隊員
略歴
卒業大学名 浜松医科大学
免許取得年 平成14年

菊山 薫(きくやま かおる)

医師
専門分野
略歴
卒業大学名 山形大学
免許取得年 平成30年

週間予定

抄読会 画像カンファ
午前 外来 手術 外来 手術 外来
午後 症例検討会 血管造影 外来 血管造影 外来

実績(令和3年1月〜12月)

脳腫瘍摘出術 12例
脳動脈瘤クリッピング術 18例
頸動脈血栓内膜剥離術 11例
脳出血開頭血腫除去術 6例
脳出血定位的血腫除去術 7例
急性硬膜外血腫血腫除去術 2例
急性硬膜下血腫血腫除去術 5例
減圧開頭術 2例
慢性硬膜下血腫穿頭術 64例
水頭症シャント術 30例
奇形、脊髄病変 2例
神経血管減圧術 1例
脳動脈瘤コイル塞栓術 10例
経皮的脳血栓回収術 13例
経皮的ステント留置術 6例
硬膜動静脈瘻塞栓術 2例
その他 11例
203例

施設認定

日本脳卒中学会認定研修教育病院
日本脳神経外科学会専門研修施設