グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




乳房撮影


乳房X線検査(マンモグラフィ)

乳がん早期発見のために定期的にマンモグラフィを受診することが大切です。マンモグラフィとは、乳房撮影専用装置を使用して撮影するレントゲンのことです。当病院では、日本乳がん検診精度管理中央機構が認定する「検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師」の女性の有資格者が撮影を行っています。
触診だけでは分からない小さなしこりや、石灰化という小さな病変までマンモグラフィでは見つけることができます。疑問点、質問などありましたら気軽に声をおかけ下さい。
乳がん患者数は年々増加しています。少しでも多くの女性の方に乳がんを早期発見をしていただけるよう、市町村で実施されている住民検診や職場検診を受けていただくことをお奨めします。
装置(SenographeDS:GE Healthcare)

検査室の全景

検査室の全景

プラスチック板で圧迫

プラスチック板で圧迫

実際の撮影

実際の撮影

乳房画像(精密)

乳房画像(精密)

検査方法

  • 乳腺は柔らかい組織で出来ているために、特殊な軟部撮影装置を用います。
  • 軟部撮影装置は薄い衣服も写ってしまいますので、上半身は脱衣して頂きます。
  • 撮影時は装置の圧迫板で乳房を挟み込み、その厚みを均一にした状態で撮影を行います。

どうして乳房を圧迫する必要があるのか?

  • 乳腺内の観察できる範囲を広くします。
  • そのままの乳房は乳腺が重なり、診断が難しくなります。プラスチック板で乳房を押さえて均一な厚みにすることで、重なった乳腺を分離して病変を判別しやすくします。
  • 画像が向上します。
  • 均一な厚さになり、また体動によるブレも防ぐために診断しやすい画像が得られます。
  • 放射線の被曝が減ります。
    乳腺組織の厚みを薄くすることで撮影の放射線量を減らす事ができます。
  • 押さえ方など受診される方に合わせて加減し、出来るだけ痛みの少ない検査を心掛けております。痛みにも色々ありますので、痛いときには遠慮無くおっしゃって頂き、必要な圧迫についての痛みは少しの間だけ我慢して頂き、お互いの協力でより診断価値の高い写真を作ることができます。
注意点:検査に際して、次の方は検査の事前にお申し出ください。検査が受けられない場合があります。
  1. 妊娠の可能性がある方
  2. ペースメーカーを挿入されている方
  3. 豊胸手術を受けられている方
  4. 授乳中の方

乳腺組織細胞採取検査(マンモトーム)とは

乳房X線撮影で病変を確認しながら針を刺し入れ、針の側面にある吸入口から細胞を採取。この吸引システムにより狙った病変部の組織だけを無理なく採取でき、また乳房内で針が360度回転するため、1回の穿刺で多数の組織が採取できます。マンモトーム生検なら良性との判別が難しい非浸潤がんも、ほぼ確実な診断が可能となります。
マンモトーム生検はどのように行うのか?
  • ベッドに横向きに寝ていただき、マンモグラフィと同様に乳房をプラスティックの圧迫版で挟むようにします。
  • 画像を確認しながら乳房に局所麻酔をし、直径3mm程度の針で病変部を吸引しながら採取します。
  • 検査時間:約30分

横向きの体位で検査を実施

横向きの体位で検査を実施

検査後の傷跡

検査後の傷跡