グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  消化器外科(外科) >  【肝胆膵グループ】

【肝胆膵グループ】


肝臓、胆道、膵臓領域の良性疾患(肝良性腫瘍、胆石症、膵炎など)や悪性疾患(肝細胞がん、転移性肝がん、胆管がん、胆嚢がん、膵がんやそれ以外の腫瘍)についての手術治療を行っています。
各疾患の治療ガイドランをベースに、個々の患者さんの病状だけでなく、年齢や全身状態、社会環境なども考慮して、治療法を決定しています。患者さんの手術ダメージを最低限に抑えるための腹腔鏡下手術は、最新式の3Dシステムを使用して正確性と安全性を高めています。開腹手術は、がんの根治を目指した手術を中心に行い、適応を十分に検討したうえで進行がんに対しても広範囲リンパ節郭清、血管合併切除などの拡大手術を施行しています。また、手術治療に抗がん剤や放射線治療も組み合わせた集学的治療も、患者さんの適応を十分に検討して施行しています。
肝臓、胆道、膵臓領域の、特にがんの手術は難易度が高く、専門医による手術が推奨されています。当院では日本肝胆膵外科学会のビデオ審査による技術認定に合格した高度技能専門医が常勤しており、特に難易度の高い肝切除や胆道手術、膵切除を施行し、良好な成績をおさめています。
また、現代の医学では根治治療が難しいと判断された場合には、症状を緩和したり、患者さんの生活レベルを上げるための非根治的治療が選択されることもありますが、あくまで患者さん本人やご家族としっかりご相談の上で方針を決定しており、希望があれば、セカンド・オピニオンも積極的に活用しています。