グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  各センター紹介 >  ゲノム診療センター

ゲノム診療センター


ゲノム診療センター長 金岡 繁

がんゲノム医療連携病院

当院は、がんゲノム医療連携病院として、がんゲノム医療を推進しています。

ゲノム診療とは…

がんは遺伝子の変化が一因として引き起こされる病気ですが、がん細胞の遺伝子に生じている変化は個々の患者さんによって異なることが近年の研究により分かってきました。そのため現在では既にある特定の遺伝子異常を標的とした治療薬(分子標的治療薬)が日常臨床で使われています。しかし、日常診療の中で行われている遺伝子検査は、そのごく一部の変化を調べる検査です。がん遺伝子検査(がんクリニカルシークエンス検査)は一度に複数の遺伝子変化を網羅的に調べることで、患者さんのがんの個性(原因)を明らかにし、より適した治療薬の情報を得るための最新の解析技術を用いた検査です。ご自身のがんの個性を知ることで、治療方針の選択に役立ち、副作用の軽減や病状の緩和なども期待されます。

がん遺伝子検査で分かること

・治療選択に役立つ可能性がある遺伝子変異がわかる可能性があります。
・治療効果が期待できる国内で承認済みの治療薬の情報が得られる可能性があります。
・治療効果が期待できる国内で臨床試験(治験等)中の治療薬の情報が得られる可能性があります。

遺伝カウンセリング外来

遺伝医学の発展及び遺伝子解析の技術の進歩により、医療の現場では染色体検査、遺伝生化学的検査、DNA検査などさまざまな遺伝学的検査が利用されています。しかし、遺伝学的情報の中には生涯変わらない個人情報が含まれること、また血縁者の間で共有される情報であることなどから検査前後の遺伝カウンセリングが非常に重要となってきます。
当院では遺伝学的検査に伴う患者さんやご家族の不安、悩み、疑問について対応し、その後の意思決定ができるようサポートしていきます。

毎月第2水曜日 14時~16時(予約制)
遺伝カウンセリング料
(1)初回遺伝カウンセリング
1時間まで11,000円(税込み)、以降30分ごとに5,500円(税込み)
(2)2回目以降
1時間まで 4,400円(税込み)、以降30分ごとに2,200円(税込み)
担当医師 岩泉守哉(非常勤)浜松医科大学 臨床遺伝指導医
遺伝カウンセラー 山本麻友 
ご希望の方は、主治医またはがん相談支援センターにご相談ください。

遺伝子パネル検査(保険適用)

当院では、保険適用検査の「NCCオンコパネル(114遺伝子)」と「FoundationOne® CDx(324遺伝子)」を行っています。NCCオンコパネルは、腫瘍組織検体(FFPE)と非腫瘍細胞検体(全血)の両方を用いて検査を行います。腫瘍組織と非腫瘍細胞とを対比した検査のため、遺伝性腫瘍に関連した遺伝子異常が分かる場合があります。FoundationOne® CDxは、腫瘍組織の検査のみで非腫瘍細胞検体(全血)の採取は必要ありません。対象となる方は次のとおりです。
詳しくは主治医またはがん相談支援センターにご相談ください。

【対象となる方】
1. 下記いずれかの診断を受けた方
・標準治療で効果がなく、次の治療をさがしている固形がんの方。
・原発不明がん(がんの発生臓器がはっきりせず、転移巣だけが大きくなったがん)の方。
・標準的な治療法が確立されていない希少がん(患者数が少なく稀ながん)の方。
2. Performance Status(PS)※が0または1で、本検査実施後に検査結果をもとに化学療法が実施できると主治医が判断した方。
 ※ Performance Status:患者が自分で身のまわりのことをどこまでこなせるかを表す尺度
スコア 患者の状態
0 無症状で社会的活動ができ、制限をうけることなく発病前と同等にふるまえる
1 軽度の症状があり、肉体労働は制限をうけるが、歩行、軽労働や座業はできる
2 歩行や身の回りのことはできるが、時に少し介助がいることもある。軽作業はできないが、日中50%以上は起居している
3 身の回りのことはある程度できるが、しばしば介助がいり、日中の50%以上は就床している
4 身の回りのこともできず、常に介助がいり、終日就床を必要としている
【検査に必要な腫瘍組織検体の条件】
手術で摘出されたがん組織、または、診断目的で採取(生検)されたがん組織のうち、保存されている組織ブロックを使います。原則として3年以内のものが検査に適しています。保存されているがん組織が古い場合や、十分な量がない場合には、新たな採取が必要になることもあります。また、NCCオンコパネル検査では、正常組織との対比を行うため、血液検査も同時に行います。

どちらのがん遺伝子パネル検査も医療保険が適用されるため、検査費用については保険点数56,000点分(3割負担で168,000円)をお支払いいただきます。「高額療養費制度」が使えますので、収入に応じて決められた自己負担分以外は払い戻しを受けることができます。
検査発注時に保険点数8,000点分(3割負担で24,000円)、検査結果説明後に保険点数48,000点分(3割負担で144,000円)をご負担いただきます。
※上記費用は検査のみの費用です。ほかに診察料(初診、再診)がかかります。
※検査結果で有効な治療情報が得られなかった場合でも、上記検査費用はお支払い頂きます。
※遺伝性腫瘍が見つかった際の遺伝カウンセリング費用は別途必要です。
※検査結果が出るまでに、検体提出からおおむね4~6週間と予想されます。また、外部委託する検査機関の状況により日数がかかる可能性があります。

遺伝子パネル検査(保険適用外)

以下の保険適用外(自由診療)の検査も実施しています。自由診療で行われるため、特に制限なく検査を受けることができます(標準的な治療が終了していない患者さんでも受けることができます)

① プレシジョン・エクソーム検査(約2万遺伝子)、プレシジョン検査(160遺伝子)
この検査を受けることのできるのは病理検査によって悪性腫瘍(がん)と診断された患者さん、現在、悪性腫瘍(がん)の治療が行われている患者さんです。この検査も腫瘍組織検体(FFPE)と非腫瘍細胞検体(全血)の両方を用いて検査を行います。

Ⅰ 検査等料金(2020年4月現在)
1 がん遺伝子検査料金
(1)プレシジョン・エクソーム検査 料金 1,012,000円(税込み)
(2)プレシジョン検査 料金 588,500円(税込み)
(3)エクソーム検査 料金 759,000円(税込み)
※(3)は、プレシジョン検査実施後1年以内に再受診し、エクソーム検査を実施した場合
2 検体の追加解析料金
(1)プレシジョン・エクソーム検査 料金 432,300円(税込み)
(2)プレシジョン検査  料金 312,400円(税込み)
3 検査中止時の料金
(1)プレシジョン・エクソーム検査
   病理品質検査後中止の場合 料金 121,000円(税込み)
   ライブラリ作製後中止の場合  料金 289,300円(税込み)
(2)プレシジョン検査           
   病理品質検査後中止の場合  料金 187,000円(税込み)
   ライブラリ作製後中止の場合 料金 261,800円(税込み)
4 がん遺伝子検査相談料 料金  33,000円(税込み)
《参考》
三菱スペースソフトウエア社HP(プレシジョン検査解析会社)
http://www.mss.co.jp/business/life-science/plessision/index.html
② ガーダント360(74遺伝子)
この検査はリキッドバイオプシーと呼ばれる技術で採血のみで検査を行います。過去の腫瘍組織検体が利用できない、また新たな腫瘍組織検体が得られない、得られても量・質が良くない患者さんなどが対象です。血液検査のため、リアルタイムのゲノム情報が取得でき、また複数回の検査が可能であるため、前回検査結果との比較ができ、治療効果を確認することもできます。

1 がん遺伝子検査料金
・ガーダント360(初回)     料金 419,100円(税込み)
・ガーダント360(2回目以降)  料金 307,340円(税込み)
・がん遺伝子検査相談料      料金  33,000円(税込み)

各種検査の特徴

検査名 腫瘍検体 採血検査 解析対象遺伝子数 費用区分 料金
NCCオンコパネル 必要 必要 114 保険診療 168,000円(3割負担)
FoundationOne® CDx 必要 不要 324 保険診療 168,000円(3割負担)
プレシジョン・エクソーム 必要 必要 約2万 自由診療 1,012,000円(税込み)
プレシジョン 必要 必要 160 自由診療 588,500円(税込み)
ガーダント360 不要 必要 74 自由診療 419,100円(税込み)

「がん遺伝子パネル検査」の実施を希望される皆さまへ

1. 当院受診中の場合
 当院主治医にご相談ください。

2. 他医療機関受診中の場合
 がん遺伝子パネル検査を実施するには、現在の状態や病理検体(手術などで採取した組織)、今までの治療経過などのさまざまな診療情報が必要となります。現在、治療中の医療機関にご相談ください。下記の手順に従い、医療機関間で調整します。
【他医療機関の皆さまへ(ご紹介手順)】
 ① 当院ゲノム診療センター(医療連携室内)に電話で問い合わせください。
 その後「診療予約申込書」「紹介状」「がん遺伝子パネル検査依頼書(がん腫に応じたもの)」をファクスにて送付してください。後日、がん遺伝子パネル検査実施の可否および診療科・受診日時について当院から貴院に連絡します。
 ※ ゲノム診療センター(医療連携室内)
 電話:053-451-2760  ファクス:053-452-9217 
(8:30~17:00 土日祝日年末年始(12/29~1/3)を除く)
※ がん種区分選択時は、以下の資料を参照してください。誤ったがん種を選択した場合、照会するデータベースが異なるため、場合によっては適切な検査結果が得られない場合があります。
② 受診日が決定したら「がん遺伝子パネル検査検体情報シート」をご記入いただき「病理検体」「病理診断報告書(写し)」「紹介状(原本)」と一緒に、受診日7日前までに郵送してください。

※ 病理組織の質的・量的状態により検査が実施できない場合があります。
※ 患者さんは来院時、2号館1階③番新患受付に保険証・当院診察券(お持ちの方)を提出してください。
※ 予約日に来院できない場合はゲノム診療センター(医療連携室内)までご連絡ください。
※ 当日の診療状況で予約時間通りに診察できない場合があります。予めご了承ください。

がん遺伝子パネル検査の流れ

がん遺伝子パネル検査の流れは次のとおりです。

ゲノム診療センター(スタッフ紹介)

所属 氏名
センター長(副院長・消化器内科) 金岡 繁
副センター長(血液内科) 内藤 健助
副センター長(病理診断科) 森 弘樹
医師(呼吸器内科) 小笠原 隆
医師(内分泌・代謝内科) 長山 浩士
医師(消化器外科) 原田 岳
医師(乳腺外科) 杤久保 順平
医師(産婦人科) 平井 久也
看護師(がん看護専門看護師) 小野田 弓恵
看護師(がん看護専門看護師) 山田 理恵
看護師(乳がん看護認定看護師) 天野 一恵
看護師(がん化学療法看護認定看護師) 神谷 智子
臨床検査技師 中村 孝始
臨床検査技師 黄瀬 友理
薬剤師 宮本 康敬
薬剤師 平野 公美
社会福祉士 土屋 奈津子
遺伝カウンセラー 山本 麻友
事務員 榊原 智宏
事務員 土井 圭
事務員 原 麻梨奈