グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  循環器内科 >  カテーテルアブレーションってどんな治療?

カテーテルアブレーションってどんな治療?



カテーテルアブレーションってどんな治療?

不整脈の治療の一つの選択肢として挙げられます。
不整脈は、大きく分けると、①心臓の筋肉の中に異常な電気回路があってその回路を電気が回ることで起こるもの、②心臓の一部から異常な電気興奮が出ているものに分けられます。
カテーテルアブレーションとは、その異常な回路や異常な部分に対して、カテーテルを用いて焼灼または冷凍凝固を行い、不整脈を抑える治療です。正式には経皮的カテーテル心筋焼灼術と呼ばれ、手術の一つに分類されます。
局所麻酔を行い、首、鎖骨の下、足の付け根を走る血管に径2mm程度の管を入れて、血管をたどって心臓の中へと進めます。カテーテルの先端には電極と呼ばれる金属がついていて、カテーテルによって、心臓の中の電気の流れを記録したり、電気刺激したりすることがきます。
検査によって診断がつきましたら、治療に移ります。焼灼用のカテーテルを心臓の中に進め、高周波電流を流して心臓の筋肉が温められます。一定の温度以上に上昇するとタンパク質が凝固し、心臓の筋肉が電気を伝えることができなくなるため、不整脈の発生を抑えます。
終了後は、カテーテルを抜去し、圧迫止血を行います。止血が終了したら、ベッドに移動して病棟へ帰ります。カテーテルを入れてあった部位からの出血を防ぐ目的で、数時間安静にしていただきます。

Q. どのような不整脈に行われるのですか?

心房細動、発作性上室性頻拍、心室性期外収縮、心室頻拍などに行われています。

Q. 心房細動のアブレーションってどんな治療ですか?

心房細動は脈がバラバラになり、時に脈拍数が多くなり、動悸の原因となったり、血液の塊が心臓の中にできてしまい、それが剥がれて飛んでいってしまうことで脳梗塞の原因となったりします。また、脈拍が多い状態が長く続くと、心不全を起こすこともあります。
心房細動の治療として、カテーテルアブレーション治療が一般的となってきています。心房細動のカテーテルアブレーションは、「肺静脈隔離」が最も一般的な治療です。心房細動の起源となる異常な電気興奮のうち9割が肺静脈から出現していると言われており、その異常な電気興奮が肺静脈から左心房に伝わることで心房細動が起こります。肺静脈を左心房から隔離する治療が肺静脈隔離です。隔離と言っても切ってしまうという治療ではなく、左心房と肺静脈の境目を焼灼することで、電気が伝わらない状態にします。
この治療を受けられた方は、70〜80%の確率で心房細動が改善すると言われています。

Q. 入院期間はどれくらい必要ですか?

当院では3泊4日で行っています。

Q. 麻酔は?

不整脈の種類、患者様の状態によって異なりますが、心房細動に対するカテーテルアブレーションの場合はほぼ全例麻酔薬で深く眠った状態で行っています。

Q. 治療後の制限は?

退院後の制限は特にない場合がほとんどです。

Q. 費用はどれくらいかかるの?

アブレーション治療に関わる費用は、不整脈の種類によって必要となる物品が異なるため、費用も異なってきます。心房細動の場合、特別な合併症などが無く、3泊4日で退院した場合、医療費の総額は約200万円程度です。したがって、例えば自己負担割合が3割の健康保険のご利用では、患者様のご負担額は約60〜70万円となりますが、高額医療費の還付制度を利用し、申請により所得に応じた一定額の還付が得られます。

Q. 可能性のある合併症やリスクは?

脳梗塞:心房細動のアブレーションでは、まれに0.3〜0.5%の程度で脳梗塞が起こることがあります。心房細動以外の不整脈については、極めてまれです。
心タンポナーデ:心臓に小さな損傷ができ、そこから血液が漏れて心臓の周りに溜まってしまい、血圧が下がります。ドレナージと言って、溜まった血液を体外に出すことで対処を行います。かなりまれではありますが、開胸手術が必要となることもあります。
穿刺部の出血:カテーテルを入れた部位から出血することがあります。大きく出血すると輸血や手術が必要になることもあります。
その他、焼灼を行う部位によって、心臓の周りの臓器(食道など)や、神経に障害を起こすことがあります。