文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

緩和医療科

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 緩和医療科

特徴

 緩和医療とは、「がん」などの生命をおびやかすような病気になった場合にみられるさまざまな「つらさ(つらい症状)」を予防したり和らげたりする医療で、緩和ケアとも言われます。このような場合にみられる「つらさ」とは、「痛み」や「吐き気」、「息苦しさ」といった体の症状ももちろんのこと、他にも、「気持ちの落ち込み」や「不安」といった「こころ」の問題もあれば、仕事や家族の心配事、治療・療養にかかわる経済的な悩みなども出てくるかもしれません。このように単に病気に対する医療としてだけでなく、心と体、社会生活、さらにはご家族まで含めて支えていくという考え方が特徴といえます。

 さらに、こういった多様な問題に対処する必要性があることから、緩和医療では医師、看護師だけでなく、さまざまな分野の専門家がチームを組んで(緩和ケアチーム)、一致協力して支援にあたるということも大きな特徴です。

 以前には、もはやがんの治療はできないという状態になったら緩和ケアを行うという考え方が普通でしたが、現在では、がんと診断されたり、治療が始まったりするような早い時期からの緩和ケアが大切であるとされており、国が定めた「がん対策基本法」でも、早期からの緩和ケアの重要性が強調されています。 すなわち、緩和医療とは決してがん終末期の医療ということではなく、「がんと診断された方がより良い治療を行えて、より良い生活が送れるように支援する医療」であるといえます。

ページの先頭へ

緩和ケアチーム

 当院では、院内の各診療科に入院され「がん」などの治療を受けたり療養されたりしている患者さんに対し、病気の時期にかかわらず適切な緩和ケアを提供させていただけるよう、緩和医療科医師を中心に、各種の専門スタッフから成る「緩和ケアチーム」を組織して診療・支援活動を行っています。
 緩和ケアチームは、緩和ケアに関して、各主治医や病棟看護師と協力しながら患者さんの診療・ケアを行います。

緩和ケアチームの診療・支援の具体的な内容(例)

  • がん患者さんの、からだの症状(痛み、吐き気、息苦しさ、むくみなど)や、こころの症状(不安、落ち込み、不眠など)を和らげる治療・ケア
  • がん患者さんの在宅療養(在宅緩和ケア)に関する相談
  • ご家族の心配ごとに関する相談

緩和ケアチームの構成メンバー

  • 緩和医療科医師 1名
  • 緩和ケア認定看護師 1名
  • 緩和ケア担当薬剤師 1名
  • 精神科医師 1名
  • 臨床心理士 1名

 そのほか、医療ソーシャルワーカー、乳がん看護認定看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師、リンパドレナージセラピスト、理学・作業療法士(リハビリ)、歯科衛生士、管理栄養士など各部門の専門担当者が必要に応じて連携し患者さんの緩和ケアにかかわります。

診療を希望される方へ

  • 入院中の患者さんやその御家族の方で、緩和ケアチームによる診療・支援をご希望の方は、主治医または病棟の看護師などにご相談ください。(外来通院中の患者さんは、緩和ケア外来での対応となります)

ページの先頭へ

医師紹介

科長  佐々木 一義(ささき かずよし)

専門分野

緩和ケア

資格等

日本緩和医療学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本呼吸器外科学会指導医

略歴

1981年3月 千葉大学医学部卒業

ページの先頭へ

ご案内