文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

病理診断科

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 病理診断科

特徴

病理診断業務システムについて

臨床病理科では病理診断、病理検査室の管理・運営を行っています。病診連携にも積極的に対応しています。現在、約15施設の診療所、病院がご利用していただいており、年間約4,000件の検体の病理診断の依頼があります。病理診断のご依頼の際には、病理検査室にお気軽にお問い合わせ下さい。
以下に臨床病理科(病理検査室)の御紹介をさせて頂きます。

実績

病理診断件数

病理診断 7,100件/年(院内5,400件、院外1,700件)
細胞検査 8,200件/年(検診を含む)
病理解剖 10-20(体)/年

業務内容について

  • 病理組織診断
  • 病理解剖
  • 細胞検査
  • 術中迅速診断
  • 診断データの管理
  • 標本の保存・管理
  • 肉眼画像データの管理
  • 臨床研究への支援
  • 医学教育(研修医指導、浜松医大学生実習、市立看護専門学校講義)
  • 定例の臨床病理カンファレンス
  • 病診・病病連携

業務内容の詳細

病理組織診断

組織標本作製(原則的に)生検標本は提出日の翌日までに、切除・手術材料は提出日より2週間以内に標本作製を行い迅速かつ厳重な標本作製過程の管理体制をとっています。特殊染色・免疫組織染色・電子顕微鏡標本の作製 診断に必要となる各種特殊染色、免疫組織染色、電子顕微鏡標本の作製診断業務 病理診断業務は毎日行い、迅速な診断報告につとめています。外科手術材料の病理診断書には、肉眼画像の添付を行い、詳細な診断情報を提供しています。

病理解剖

病理解剖マニュアルに従い、夜間(原則的に午後10時以内)・休日・祭日の時間外解剖にも対応した体制をとっています。解剖症例の肉眼病理診断・画像は、当日に臨床医へ報告しています。病理解剖の臨床・病理検討会 (CPC)は、年10回程度開催しています。

細胞検査

細胞検査士によるスクリーニング業務と検査士・病理医との検討会が定期的に行われています。また、検査技師のベッドサイドへの派遣、迅速細胞検査にも対応しています。

術中迅速診断

予約制で、常時対応できる体制をとっています。

診断データ

病理診断データはコンピューターによりデータベース化されており、病理受付業務を含めた統一した管理システムの構築が現在進行しています。病理診断書は製本化して保存・管理しています。

標本の保存・管理

病理診断に関連した標本(パラフィンブロック・プレパラート)は資料室での永久保存を行っています。

肉眼画像データの管理

手術材料の肉眼画像(スライド)は、医療情報部・写真室においてデジタル化、データベースの構築が行われ、病理肉眼画像データベースとして保存・管理を行っています。画像データベースにより、迅速かつ詳細な画像の閲覧、検索が可能であり、医療連携室との共同で病診連携においても充実した医療情報の提供を行っています。

臨床研究への支援

臨床医の症例報告、人体組織を用いた共同研究は、特殊業務として、積極的に支援しています。

医学教育

臨床研修医の指導を行っています。
浜松医大・医学生の実習を行っています。
非常勤講師として、浜松医大、浜松市立看護専門学校、歯科衛生専門学校における医学教育に協力しています。

定例の臨床病理カンファレンス

火曜日 午後4時 乳腺病理カンファレンス
火曜日 午後5時30分 消化器病カンファレンス
木曜日 午後1時30分 呼吸器病カンファレンス
第2・4水曜日 午後5時 皮膚腫瘍病理カンファレンス
第2・4木曜日 午後5時30分 婦人科カンファレンス

火から金曜日午後1時30分 細胞診カンファレンス

病診・病病連携

開業医、他病院からの提出標本に対して、院内標本と同様の取り扱いにより病理診断を行い、診断データの保存・管理を行っています。病理診断の問い合わせについても常時対応しています。手術材料については、肉眼スライドの提供と肉眼画像データベースに登録し保存・管理を行っています。

ページの先頭へ

医師紹介

院長補佐 兼 診療支援部長 兼 医療安全推進室長  兼 科長    小澤 享史(おざわ たかちか)

資格等

病理専門医
病理専門医研修指導医
死体解剖資格認定
日本病理学会評議員

略歴

1981年3月 浜松医科大学医学部卒業
1985年3月 浜松医科大学博士課程大学院修了

科長 森 弘樹(もり ひろき)

資格等

病理専門医

細胞診専門医

病理専門医研修指導医

臨床検査管理医
死体解剖資格

略歴

2002年3月 浜松医科大学医学部卒業
2002年4月 浜松医科大学博士課程大学院
2006年4月 浜松医科大学病理学第一講座助教
2010年7月 浜松医療センター臨床病理科

専修医 大塚 駿介(おおつか しゅんすけ)

資格等

死体解剖資格

略歴

2013年3月 浜松医科大学医学部卒業
2013年4月 磐田市立総合病院
2014年4月 浜松医科大学医学部附属病院
2015年4月 浜松医療センター

ページの先頭へ

ご案内