文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

お薬について

ホーム > ご案内 > 外来(初診・再診) > お薬について

お薬の引き換え方法

院外処方の場合

当院では院外処方箋発行を原則としています。 お薬引換券に「院外処方箋があります。」あるいは、「インガイショホウ」と印字されている方が該当いたします

院外処方箋には有効期間があります。交付日を含めて4日以内に保険薬局にお持ちになり、お薬と引き換えて下さい。有効期間を過ぎますと、お薬と引き換えれなくなりますのでご注意下さい。

 

院内処方の場合

お薬引換券に番号が印字されている方は、院内処方が発行されています。 薬剤科の電光掲示板に引換券の番号が表示されましたら、窓口で引換券と交換にお薬をお受け取り下さい。

お受け取りの際には、ご自分のお名前とお薬の内容の確認をお願い致します。 お薬は診察時の症状により処方されておりますので、出来るだけ早くお受け取り下さい。

お薬についてのお願い

指示は必ず守って下さい。

お薬の効果は、指示された正しい飲み方で正しい効果が現れます。 間違った飲み方をすると、効果が悪くなったり思わぬ副作用が現れたりする場合もあります。 飲み方がわからない時は、薬剤師にご相談下さい。

飲み方の指示のご説明

薬袋に書かれている指示には次のようなものがあります。

  • 食前・・・・食事の前30分ぐらいに飲んで下さい。
  • 食後・・・・食事の後30分ぐらいに飲んで下さい。
  • 食間・・・・食事後2時間ぐらいに飲んで下さい。
  • 食直前・・・食事の直前に飲んで下さい。
  • 食直後・・・食事後直ちに飲んで下さい。
  • 寝る前・・・寝る直前に飲んで下さい。
  • 頓服・・・・指示された症状が出た時に飲んで下さい。(たとえば解熱薬ならば熱が出た時に飲んで下さい。)

副作用など不都合が起こった場合には直ぐに主治医または薬剤師にご相談下さい。

お薬は正しく保管して下さい。

  • 冷所保存・・・冷蔵庫に湿気を避けて保管して下さい。(冷凍庫には入れないで下さい。)
  • 遮光保存・・・遮光容器またはアルミホイルで包み光を遮って保管して下さい。
  • 特に指示されない場合は、直射日光の当たらない涼しい乾燥した場所に保管して下さい。

お薬は薬袋から取り出したり、ラベルを剥がしたりせずに保管して下さい。

飲み方の指示がわからなくなったり、取り違えたりして正しい指示で飲むことが出来なくなる恐れがあります。

お薬を他の人にあげたり、貰ったりしないで下さい。

お薬は、それぞれの患者さんの症状に合わせて処方されたものです。 他の人に処方されたお薬を飲むと思わぬ副作用などが現れることがあります。

ページの先頭へ

ご案内