グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  病院の紹介 >  公益財団法人浜松市医療公社

公益財団法人浜松市医療公社


浜松医療センターの管理運営団体として、「医療及び公衆衛生活動に関する各種事業を行い、もって地域住民の福祉の増進を図ること」を目的として昭和47年に設立。平成18年4月より浜松市の指定管理者団体として、浜松医療センターの管理運営を受ける指定管理者団体として指定を受けている。平成25年4月より公益財団法人浜松市医療公社に移行した。
〈主要事業〉
(1)オープンシステムによる地域診療所等からの不特定多数の紹介患者の診療
(2)地域診療所等への手術設備、高度医療機器及び病床の提供
(3)地域医療支援病院として診療所等との連携及び機能分担の推進
(4)地域の救急医療の提供及び小児・周産期医療の確保
(5)災害拠点病院として医療救護活動の実施
(6)感染症指定医療機関として疾病対策の実施
(7)地域性を考慮した特定健診、がん検診、生活指導等の実施
(8)地域住民の健康増進及び疾病予防のための公衆衛生活動の実施
(9)医学及び医療の向上に関する調査・研究の実施
(10)臨床研修指定病院として臨床研修医に対する教育研修の実施
(11)大学の関連教育病院として学生に対する教育研修の実施
(12)医療と介護の連携推進事業の支援
(13)その他この法人の目的を達成するために必要な事業

議事録

次世代育成行動支援

当院は、「次世代育成支援対策推進法」に基づき、職員が仕事と子育てを両立できる雇用環境整備などを盛り込んだ行動計画を策定し、目標達成に向けて取り組んでいます。

公益財団法人浜松市医療公社一般事業主行動計画は下記のPDFからご覧ください。

人財ビジョンについて

浜松医療センターでは、平成24年度から「人財ビジョン」を制定しました。
この人財ビジョンは当院が求める職員像を明確にし、職員一人ひとりが取り組む行動指針を制定しています。

今後は、人財ビジョンに書かれた行動を当院で働くすべての職員が実施するよう努めてまいります。

人財ビジョンはこちらから下記のPDFからご覧いただけます。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。