文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

耳鼻いんこう科

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 耳鼻いんこう科

特徴

耳鼻咽喉科は耳、鼻という感覚器官と、咽頭、喉頭という嚥下、発声にかかわる器官の専門科です。これらの生理機能が損なわれる要因は様々ですが、そのために生活の室(QOL)が低下し、中には生命にかかわる疾患もあります。原因を検索し、可能な限りこれら機能の回復に導く事が我々の目指す所です。開業の先生方とも密に連絡を取り合い、一人一人のニーズに合った診療を心がけております。

中耳疾患

慢性中耳炎は手術により聴力の改善が期待できる疾患です。真珠腫性中耳炎も同様ですが、頭蓋内合併症などもあり、的確な診断と治療方針の決定が必要となります。原則として手術は全身麻酔で行いますが、単純穿孔の慢性中耳炎に対する鼓膜形成術は局所麻酔での外来手術でも行っております。

内耳疾患

難聴、めまいが主な症状となります。突発性難聴、急性感音性難聴などは早期診断、早期治療が求められます。繰り返すめまい、難聴はメニエール病の可能性がありますが、的確な診断と治療を行う事が発作の頻度を減らす鍵となります。似たような症状でも異なる疾患があり、また診断がむずかしいものも多数ある領域です。

鼻、副鼻腔疾患

慢性的な鼻閉、鼻汁などの鼻症状は、集中力の低下、不眠など鼻症状以外の問題も引き起こしやすいといわれています。慢性副鼻腔炎に対しては飲み薬など内科的治療が効果的ですが、内服や外用剤などの保存的治療に抵抗する症例も多く、重症度と病態に則した治療が必要となります。当科ではこういった症例や内科的治療単独では制御困難な重症例を中心に、内視鏡下での鼻内手術を積極的に行っております。全身麻酔下で行いますが、低侵襲な手術のため短期入院でも可能です。

音声障害

嗄声はごくありふれた症状ですが、声帯ポリープ、浮腫状声帯、声帯炎、喉頭癌、反回神経麻痺など原因は様々です。また声帯萎縮による発声障害は最近多く見受けられます。症状と原因に応じた治療となりますが、誤った対応をすると悪化する事もありますので注意が必要です。ポリープなどは切除術することて改善しますし、声帯萎縮、一側性反回神経麻痺には声帯内注入術が有効です。

頭頚部腫瘍

喉頭腫瘍、咽頭腫瘍、甲状腺腫瘍、唾液腺腫瘍をはじめとする頭頚部の腫瘍性疾患や原因不明の頚部リンパ節腫脹などの診断治療を行います。悪性腫瘍に対しては手術、放射線治療、化学療法など集学的治療を行っています。

平成22年度診療実績

手術

耳科手術 23例

慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎などに対する鼓室形成術、鼓膜形成術、顔面神経麻痺に対する顔面神経減荷術、耳瘻孔など。

鼻・副鼻腔手術 77例

慢性副鼻腔炎、良性の鼻副鼻腔腫瘍、術後性頬部嚢胞に対する鼻内内視鏡手術、鼻中隔矯正術、鼻アレルギーに対する下甲介手術、鼻粘膜レーザー焼灼術、鼻骨骨折、顔面骨骨折整復など。

咽頭手術 56例

習慣性扁桃炎や睡眠時無呼吸に扁桃摘出術、咽頭形成術、アデノイド切除術など。

喉頭喉頭手術 33例

音声改善を目的とした声帯ポリープ、ポリープ様声帯、声帯内注入術、喉頭腫瘍の生検など。

頭頚部腫瘍手術 76例

甲状腺、耳下腺、顎下腺など頭頚部良性悪性腫瘍手術。頸部郭清術など。原因不明の頚部リンパ節腫脹などのリンパ節生検など。

その他。

外来診療担当医

外来診療担当医表はこちらです

ページの先頭へ

医師紹介

センター長  水田 邦博(みずた くにひろ)

専門分野

中耳手術

専門医等

日本耳鼻咽喉科学会専門医

日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医

日本耳鼻咽喉科学会研修指導医

 

略歴

   

科長  荒井 真木(あらい まき)

専門分野

耳疾患の診断、治療、内耳学

専門医

医学博士
日本耳鼻咽喉科学会専門医
補聴器相談医

略歴

1998年3月 浜松医科大学卒

副医長  加藤 照幸(かとう てるゆき)

専門分野

耳鼻咽喉科臨床一般
鼻副鼻腔疾患
鼻内内視鏡手術

専門医

日本耳鼻咽喉科専門医

略歴

2000年3月 山口大学医学部卒業

医員  森田 浩太朗(もりた こうたろう)

専門分野

専門医

略歴

2010年3月 東海大学医学部卒業
2010年4月 東海大学医学部附属病院 前期臨床研修
2012年4月 浜松医科大学医学部 耳鼻咽喉科
2015年2月 沼津市立病院 耳鼻咽喉科
2015年7月 浜松医療センター

専修医  山田 智史(やまだ さとし)

専門分野

専門医

略歴

   

非常勤医  三澤 由幾(みさわ ゆき)

専門分野

頭頚部腫瘍
耳鼻咽喉科臨床

専門医

日本耳鼻咽喉科専門医

略歴

2000年3月 大阪医科大学医学部卒業

ページの先頭へ

ご案内