文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

メディカルバースセンター めばえ

ホーム > 医療センターについて > メディカルバースセンター めばえ

メニュー

バースセンター めばえで出産するには

妊娠中の経過が順調である場合、下記のような流れに沿って妊婦健診・出産を行なってまいります。職員一同、安心・安全な出産を目指し赤ちゃんの誕生を笑顔で迎えられるよう努力してまいります。

リスクがあるってどういうこと?

医師による判定をします。お気軽に外来でお尋ねください。

以下の方はMFICU(母体胎児集中治療室)での出産となります。

  • 1.持病がある方(例:喘息がある、糖尿病がある、など定期的に通院をしている病気がある方)
  • 2.40歳以上もしくは16歳未満で初めて赤ちゃんを出産される方
  • 3.双子・三つ子を出産予定の方
  • 4.非妊時のBMI【体重kg÷(身長m×身長m)】が30以上の方
  • 5.宗教上の問題で輸血が出来ない方
  • 6.不妊治療されている方
  • 7.前回の妊娠・出産経過で異常があるといわれた方(例:前回の出産は帝王切開だった方、早産だったという方)
  • 8.今回の妊娠経過中、医師より問題があるといわれた方(例:赤ちゃんが逆子の方、胎盤の位置が低い方、「赤ちゃんが週数より小さい」という方、「お腹の張りが頻回で、子宮の入り口が開いてきている」という方)

浜松医療センターには、メディカルバースセンター めばえとともに、MFICU(母体胎児集中治療室)、NICU(新生児集中治療室)がワンフロアに集まっています。どんな方でも、皆さんが安心して、安全にお産が出来るように対応させていただきます。

ページの先頭へ

外来から出産までの流れ

1.外来について

妊婦健診では、妊娠中の異常を早期に発見し、適切な対応をさせていただきます。

医師と助産師のチーム健診について

妊娠23週以降は、医師と助産師のチーム健診となります。

下記はモデルケースとなりますので、最初の診察日時により変更することがあります。

週 数 10〜11 12〜15 16〜19 20〜23 24〜25 26〜27 28〜29 30〜31
医 師  ★  ★  ★  ★      ★  
助産師  ○  ○  ○  ○  ●  ●  ○  ●
週 数 32〜33 34〜35  36   37   38   39   40  41〜 
医 師  ★      ★      ★  ★
助産師  ○  ●  ●  ○  ●  ●  ○  ○

★:医師の健診
●:2号館5階バースセンター外来での助産師健診
○:3号館2階産科外来で、必要時、助産師により保健指導

超音波(エコー)は医師の健診時(★)だけになります

医師の診察時に必要な採血・検査をさせていただきます。状態により上表のとおりにならない場合があります。

妊婦健康診査受診票は医師・助産師の健診の時に使用していただきます

妊婦健診は医師・助産師とも一回5,000円です。

助産師からお伝えしたいこと

  • 助産師健診は、2号館5階のメディカルバースセンター めばえ内で行ないます。健診の日には予約時間までに直接2号館5階までお越しください。
  • 完全予約制で、一人あたり約30分かけて行ないます。予約の変更は、メディカルバースセンター めばえで対応させていただきますのでご連絡ください。
  • 助産師健診では、日常生活上で不安に思うこと、疑問に思うことなどについて、助産師がマンツーマンでお話を伺います。アドバイスをすることであなたをサポートします。
  • あなたの声をじっくり、ゆっくり聴いて対話しながらバースプランを作り上げていきます。
  • 妊娠経過中、心配なことがあれば、医師に相談していきます。
  • 風通しのよい心地よい場所であるよう努力していきます。

2.出産について

助産師が主体となって出産に関わっていきますが、ひとたび医療が必要となれば、医師と連携をとっていきます。

出産の体制について

  • 分娩室は全て個室です。
  • 好きな音楽を流しつつ、お気に入りのアロマの香りに包まれてリラックスして出産を迎えることができます。ご主人・ご家族の立会い出産も可能です。分娩室の写真は、「病棟の風景」よりご覧下さい。

  • 助産師が主体となって出産の経過を診ていきます。
  • 助産師は付き添い、産痛とのつきあい方や、どんな姿勢ですごしたらよいかアドバイスをしていきます。経過中心配なことがあれば医師に連絡します。自然な出産ができるように努力します。

  • ひとたび医療が必要となれば、同じフロアのMFICU(母体胎児集中治療室)に移動します。
  • 緊急時にはメディカルバースセンター内での帝王切開も行なえるよう設備を整えています。

出産や緊急時の連絡について

陣痛がはじまって、「いざ、お産?!」となったならば、医療センター代表(053)453−7111に連絡していただき、「2号館5階バースセンター めばえ」までお問い合わせください。
また、心配なことや緊急時もバースセンター めばえまでお問い合わせください

3.出産後について

出産後は、育児が楽しくできるように、授乳などのお手伝いをしていきます。

  • 入院期間は4日〜5日となります。母児同室をします。
  • 一人ひとりに合わせて、授乳や育児に関するアドバイスをさせていただきます。

  • 入院中のお部屋には、お名前の提示をしません。
  • ご家族、お友達などのご面会の際には、病室のご案内等はナースステーションでさせていただきます。

  • 退院後も母乳外来の場で、母乳育児の「困った!」に対応します。

その他ご不明な点がありましたら医療センター代表(053)453−7111「メディカルバースセンター めばえ」にお問い合わせください。

ページの先頭へ

病棟の風景

バースセンターの分娩室は、LDRという陣痛室兼分娩室が3部屋あり、入院から出産まで一つのお部屋でご家族の方と一緒に過ごしていただけます。

 

分娩室

 

広いスペースでご家族の方とゆっくり過ごすことができます。ご希望があれば、立ち会い出産も大歓迎です。

 

病室

 

お産後のお部屋は、個室もしくは大部屋です。お部屋は、家庭的な雰囲気を出すよう配色にもこだわり、優しい色使いになっています。出産直後からの母児同室を行っており、入院中は赤ちゃんと一緒にお部屋で過ごすことができます。

     
  • 個室
  •  
  • 大部屋
  • 大部屋でのお食事の様子
  • 他のお母さんとおしゃべりも楽しいものです。

  • 沐浴の様子
  •  
  • 助産師外来の様子
  • バースセンターでは、チーム健診を行っています。2号館5階での助産師の健診と、医師の行う健診を週数にあわせて行っています。完全予約制で1人30分、助産師とじっくり話し合いをして、あなたのお産をサポートさせていただきます。

周産期センタースタッフ一同、安心・安全なお産ができるよう努力してまいります。ご意見・ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。皆様にお会いできることを楽しみにしています。

ページの先頭へ

里帰り出産を希望される方へ

里帰り出産をお考えの方も、妊娠経過が問題ない場合は、メディカルバースセンターでの出産が可能です。

里帰り出産をする方法

  • 妊娠18〜22週までに一度、浜松医療センターを受診していただきます。その際に、メディカルバースセンター めばえについての説明をさせていただきます。
  • その後、妊娠32〜33週頃に来院していただき受診していただきます。その際に再度、産科医のチェックを受けていただきます。その結果、妊娠経過が問題ないと判断されれば、メディカルバースセンターでの出産となります。これ以後の妊婦健診は当院で受けていただきます。来院の際には、バースセンターの分娩室や病室などをゆっくりご案内させていただきます。
  • 妊娠36週と妊娠38週以降の妊婦健診は、助産師外来での受診となります。不安に思うことや、その他どんなことにも相談してください。ひとつひとつじっくりとお話して、産婦さんと助産師と一緒に満足のいくお産を目指していきましょう。

私たち助産師とともに、メディカルバースセンター めばえで出産してみませんか?

ページの先頭へ

母乳外来のご案内

母乳育児に関する「こまった!!」に対応します。お気軽にご相談ください。

※内容
お母さんのおっぱいの状態・授乳の方法をみさせていたただきます。うまく授乳ができないかも・・・と心配の時は予約時間に授乳になるよう前の授乳をずらしたりして調整してきてください。NICUに赤ちゃんが入院していて、授乳がうまくいかない時や、おっぱいが思うように出なくなってきた時にも是非ご相談ください。必要な方には、医師の診察があります。

※費用・時間・場所
1回(30分)3,240円 平日の13時、14時、15時に、2号館5階にて行います。完全予約制ですが、緊急時には電話にてご相談ください。医師の診察が必要な時は、別途、診察料がかかります。

※持ち物
・乳房ケアに必要なフェイスタオルを3〜4枚
・ケアに使用したタオルを入れるビニール袋
・診察券・保険証・母子健康手帳
・必要時、おむつ・おしりふき・汚れたおむつを入れるビニール袋
・ミルク・哺乳瓶・ガーゼのハンカチ

※受診の方法
浜松医療センター(053)453-7111(代)にお電話いただき「2号館5階」までお問い合わせください。おっぱいがいつもと違って変だな?おかしいな?と思ったら、平日の午前中にご連絡ください。

ページの先頭へ

メディカルバースセンター めばえについて

医療には「病院が地域の活性化に貢献できるか」という変革が求められています。「治す医療」から「支える医療」、ここに住んで良かったと実感できる安心感です。浜松医療センター(以下、医療センター)では、助産師を中心に妊娠からお産までをサポートする「メディカルバースセンター めばえ(以下、バースセンター)」を平成21年4月から運用開始しています。近年、産科医不足が顕在化し、助産師の積極的なお産への関与が見直されていますが、このバースセンター構想は、本来、産科医不足から生まれた発想ではなく、地域参画型の母子に優しい新しいスタイルです。この構想は、まさに鈴木康友市長のマニフェスト「こども第一主義」の一環として位置づけられており、市長を始め、医療センターの関係者、さらには浜松医師会の先生方のご理解とご協力があってはじめて実現するものなのです。

バースセンターは妊産婦の主体的なお産を目指し、助産師が女性の視点で継続的に関わります。妊産婦の自然のリズムを尊重するお産は、出産した女性の満足感や達成感を生み、子育てへの不安が少ないと考えられています。バースセンターでのすべてのお産は、基本的に助産師が主体となって関わります。ただし、もともと合併症があったり、以前のお産に異常があった妊婦さんは、高リスクとして最初から産科医が健診を行い、お産もバースセンターではなく、現在の周産期センターで産科医・助産師共同で行います。また、妊娠初期に異常がないと判断された妊婦さんでも、妊娠中に合併症が現れたり、何らかの異常が起こった場合は、やはり周産期センターでお産をすることになります。したがって、バースセンターでお産をするのは、産科医が診察を行い、妊娠初期・中期・後期いずれも異常を認めない、いわゆる正常経過(低リスク)の妊婦さんに限られます。産科医のチェックを受けるとき以外は、バースセンター内の助産師外来ですべて助産師が診察します。

助産師外来ではリラックスして胎児心拍モニタリングもできるように配慮してあり、いざ陣痛が始まったときは、新しいLDR室(陣痛から出産、回復まで家族と過ごせる分娩室)でご家族と一緒にお産となります。母児どちらかに異常がない限り、産科医や新生児科医は立ち会いません。すべて助産師主体のお産です。しかし、約6人に1人の頻度で起こりうる異常発生時には、医師は直ちに何らかの医療介入をすることになります。

病院の5階フロアは現在、「地域周産期母子医療センター」として母体・胎児集中治療室、新生児集中治療室(1号館)を備え、小児科病棟(3号館)もあります。ここに「メディカルバースセンター」(2号館)を配置することにより、赤ちゃんから小児までの成育医療の機能がワンフロアーに集中します。また、新しいバースセンターに導入する「地域参画型」は、子育てNPO、公的保健師、保育士、臨床心理士、地域の小児科、産婦人科などと連携してまち全体で妊産婦や子どもをサポートし、病院としてコミュニティの活性化に貢献できるようなシステムであると考えております。

近年、産科医の減少により「妊婦健診は近くの診療所で、分娩は緊急事態に対応できる病院で」というオープンシステムを活用したスタイルが全国に浸透しつつあります。医療センターでは開院当初からこの方式を取り入れており、バースセンターでもこのオープンシステムを取り入れる予定です。われわれスタッフは、「浜松で産みたい、育てたい、住みたい」という声が聞こえるような、より理想的な産科医療の実践を皆さんと一緒に目指します。完全オープンシステムとバースセンターを兼ね備えた病院は全国にも類がなく、医療センターの診療様式は今求められる周産期医療の理想的なシステムになると期待しています。

さあ、浜松市民のみなさん、もう一人産んでみませんか?「メディカルバースセンター めばえ」でお待ちしております。

周産期母子センターとバースセンターの組み合せは全国でも先駆的で、安心して子どもを産み、育てる環境の充実を目指します。

ページの先頭へ

医療センターについて