グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  在宅連携センター つむぎ >  ごあいさつ

ごあいさつ


浜松市在宅医療・介護連携相談センター長
岩瀬 敏樹

高齢者が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで安心して続けられる社会を維持する為には、核家族化により増加している老老介護の問題や、安定した日常生活維持を妨げるような病気を抱えた方々の孤立化などの問題に、地域社会全体で対処してゆかなければなりません。
医療や介護の領域では、単独の担当者や一施設のみでは全く対処しきれない課題が増加の一途をたどっています。これらの問題は地域社会全体で、医療・介護に関わる多職種の皆様の連携・協力により地域にあった生活支援システムを作り上げてゆくことが重要です。
在宅連携センター・つむぎ(浜松市在宅医療・介護連携相談センター)では、地域の在宅医療・介護のための資源を整理し、在宅医療や介護に関する様々な相談ごとに対応できるように、努めています。
また、相談事例を丁寧に分析し、皆様からのご相談に活かせるよう、蓄積しています。
皆様のお力になれる様、スタッフ一同頑張ります。在宅医療に関することは、お気軽にご相談ください。