グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  病院の紹介 >  活動と特色 >  市民公開講座

市民公開講座


浜松医療センター第30回市民公開講座「よくわかる!がんは怖くない」

今回の市民公開講座は「よくわかる!がんは怖くない」をテーマとしています。
この講演では、がんとの共生、支持療法、就労支援等について、医師、理学療法士、特定社会保険労務士が詳しく解説します。

多数のご参加ありがとうございました。

浜松医療センター第29回市民公開講座「よくわかる!心臓・血管の病気」

今回の市民公開講座は「よくわかる!心臓・血管の病気」をテーマとしています。
この講演では、心臓・血管の病気について、循環器内科医師、心臓血管外科医師、血管外科医師が詳しく解説します。

多数のご参加ありがとうございました。

浜松医療センター第28回市民公開講座「よくわかる!女性のがん」

今回の市民公開講座は「よくわかる!女性のがん」をテーマとしています。
この講演では、婦人科がん・乳がんについて、産婦人科医師、乳腺外科医師、がん看護専門看護師、乳がん認定看護師、遺伝カウンセラーが詳しく解説します。

多数のご参加ありがとうございました。

浜松医療センター第27回市民公開講座「よくわかる!認知症~認知症と言われたら~」

今回の市民公開講座は「よくわかる!認知症~認知症と言われたら~」をテーマとしています。
この講演では、認知症の治療や予防法、看護師の関わり、自治体の施策などを、神経内科医師・認知症ケア認定看護師・行政担当者・院外講師などが詳しく解説する予定です。

多数のご参加ありがとうございました。

浜松医療センター第26回市民公開講座「よくわかる!歯やあごの話~悩んでいるあなたに~」

今回の市民公開講座は「よくわかる!歯やあごの話~悩んでいるあなたに~」をテーマとしています。
この講演では、口腔ケアの概論から口腔額顔面センターの紹介・口唇口蓋裂の治療法などを、口腔額顔面センター長・歯科口腔外科医師・院外講師などが詳しく解説する予定です。

多数のご参加ありがとうございました。

浜松医療センター第25回市民公開講座「よくわかる!緩和ケア~がんになっても つらくない、困らない~」

今回の市民公開講座は「よくわかる!緩和ケア~がんになっても つらくない、困らない~」をテーマとしています。
この講演では、緩和ケアの総論から、看護師の役割、在宅ケアなどを、緩和医療科医師、緩和ケア認定看護師、がん看護専門看護師、院外講師が詳しく解説する予定です。

多数のご参加ありがとうございました。

浜松医療センター第24回市民公開講座「よくわかる!冬の感染症」

今回の市民公開講座は「よくわかる!冬の感染症」をテーマとしています。
この講演では、インフルエンザ・ノロウイルスなどの感染症、ワクチン、抗インフルエンザ薬、感染症の看護、受験生への感染予防などを、感染症内科医師、薬剤師、感染管理認定看護師が詳しく解説します。

多数のご参加ありがとうございました。

浜松医療センター第23回市民公開講座「よくわかる!みんなでささえるがん医療~あなたが、肺がんと言われたら~」

今回の市民公開講座は「よくわかる!みんなでささえるがん医療~あなたが、肺がんと言われたら~」をテーマとしています。
この講演では、簡単なVTRに沿って、がんについての基礎的な解説から始まり、肺がんの治療法の選択、看護師や医療社会事業士によるサポート体制など、がんにおけるチーム医療についてを呼吸器外科医師、呼吸器内科医師、がん看護専門看護師、がん化学療法看護認定看護師、社会福祉士が詳しく解説します。

多数のご参加ありがとうございました。

浜松医療センター第22回市民公開講座「よくわかる!睡眠障害」

今回の市民公開講座は「よくわかる!睡眠障害」をテーマとしています。
この講演では、睡眠についての基礎的な解説から始まり、頻度の高い不眠症や睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害を中心に病態、治療について、精神科医師、耳鼻いんこう科医師、呼吸器内科医師が詳しく解説します。

多数のご参加ありがとうございました。

浜松医療センター第21回市民公開講座「よくわかる!耳・鼻・喉(のど)・口の病気」

今回の市民公開講座は「よくわかる!耳・鼻・口・喉(のど)の病気」をテーマとしています。
この講演のなかには、耳鼻いんこう科及び歯科口腔外科領域のがんについての話のみならず、日常生活でQOLを低下させてしまうようなアレルギー性鼻炎などについても言及します。また、全身のがん治療・手術・化学療法・放射線療法の際に起こる、口のトラブルとその予防についても講演する予定です。

多数のご参加ありがとうございました。

浜松医療センター40周年記念第20回市民公開講座「よくわかる!浜松医療センターの最新医療~Q&Aライブ~」

今回の市民公開講座は「よくわかる!浜松医療センターの最新医療~Q&Aライブ~」をテーマとしています。
最新の医療情報を特集して、わかりやすく市民の皆さまへお届けすることを目的に平成19年5月から始まった市民公開講座も今回で20回目の開催となります。この講座は毎回約300人近くの方々に参加をいただく盛大なイベントになってきました。
浜松医療センターも今年で創立40周年を迎えることから、今回の公開講座は記念の事業として、時間を拡大、また、当院を市民の皆さまによりいっそう知っていただくための内容を準備いたしました。第1部は 当院の西部地域における役割と現状、将来像について院長の講演を予定しています。第2部は現在センターで行われている診療の最前線、最新の医療について、代表的ないくつかの診療科からQ&A形式でわかりやすく紹介をしてもらう予定です。
地域の医療の担い手として、安全、安心の医療を皆様にお届けする浜松医療センターの今をご紹介いたします。

多数のご参加ありがとうございました。

第19回市民公開講座「よくわかる!子どものアレルギーと発達障がい」

今回の市民公開講座は「子どものアレルギーと発達障害」をテーマとしています。
将来の日本を担う子どもが健全に育つためには、健康とバランスの良い栄養と健全な親子関係および教育が重要です。今回の市民公開講座では、これらの4項目に深く関連し、罹患率が増加しつつある、アレルギー疾患と発達障害をテーマとします。
喘息はガイドラインの普及により、軽症化が顕著であるが、ガイドラインの普及は未だ十分とは言えません。また、コントロールレベルの導入など治療方針に変化がみられます。
食物アレルギーは、重症なアナフィラキシーを予防するために、家庭のみならず保育園、幼稚園及び学校において、適切な対応が求められます。また、必要最小限の除去の観点から、食物負荷試験による確実な診断が求められるようになりました。
アトピー性皮膚炎は、その病態の理解の進歩とそれに基づく治療法の変化は注目すべき点があります。
発達障害は、その理解と早期対応が二次性障害を予防するために重要です。また、家庭や学校で問題が生じた場合は、教育的および医療的にどのような対応が必要であるのかの理解も重要であります。
これら、病態の理解と治療方針の進歩が著しいアレルギー疾患と発達障害について、基本的な考え方と適切な対応方法、さらに最新情報について、それぞれの専門家から、わかりやすく解説します。

多数のご参加ありがとうございました。

第18回市民公開講座「よくわかる!うつ病」

今回の市民公開講座は「うつ病」をテーマとしています。厚生労働省が3年ごとに全国の医療施設に対して行っている「患者調査」によると、平成8年には43.3万人だったうつ病等の気分障害の総患者数は、平成20年には104.1万人と12年間で2.4倍に増加しています。しかし、うつ病にかかっていても、医療機関を受診していない人が多い状況にあり、実際にはこれより多くの患者がいることが推測されます。
また、自殺既遂者に対する調査からは、うつ病等の気分障害が自殺の要因として特に重要であることが明らかになっており、厚生労働省における自殺対策においても、その中核となっているのはうつ病対策であります。
したがって、本人や周囲が心や身体の不調にいち早く気づき、専門医を適切に受診できることが重要であります。本講座では、うつ病に関する一般への普及啓発を目標に、うつ病を極めて重要な健康の問題としてとらえ、心の健康を保つための心の健康づくりから、早期発見、うつ病にかかったときの注意点などについて説明します。

多数のご参加ありがとうございました。

第17回市民公開講座「よくわかる!血液がん」

今回の市民公開講座は「血液がん」をテーマとしています。多臓器疾患と比較すると「血液がん」の発症頻度は低いのですが、人口の高齢化とともに患者数は増加しています。また「血液がん」の治療が可能な施設は限られており、専門医の数も少なく、浜松市近郊だけでなく、静岡県全体でも「血液がん」患者の受け容れが問題となっています。
本講座では、血液一般についての基本的事項を概説し、具体的な疾患として白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫を取り上げます。かつては”不治の病”とされていたこれらの「血液がん」も、治療法の進歩により、延命、治癒が目指せる疾患になりつつあることを説明します。また、「血液がん」の治療では抗がん剤治療が中心となるため、抗がん剤の有害事象や化学療法を受ける際の注意点についても解説します。

多数のご参加ありがとうございました。
動画ファイル:講演を動画でご覧いただけます
  • 講演1:「血液のしくみと働きについて」
  • 講演2:「治療が進歩した白血病」
  • 講演3:「種類がいっぱい、悪性リンパ腫」
  • 講演4:「上手に長く付き合う多発性骨髄腫」
  • 講演5:「知っておきたい抗がん剤治療の副作用対策」

第16回市民公開講座「よくわかる!すい臓病」

今回の市民公開講座は「すい臓病」をテーマとしています。すい臓病は大きく内分泌・外分泌・腫瘍疾患に大別されますが、それらは相互に関連し合っています。内分泌疾患の代表は糖尿病です。外分泌疾患は急性膵炎と慢性膵炎があり、成因も治療法も違ってきます。腫瘍の代表は浸潤性膵管がん(膵がん)であり、年間24,000人近くが発病し、ほぼ同数が死亡する難治性疾患です。5大がんには含まれていないものの、5年相対生存率はわずか6%程度で、5大がんのいずれよりも悪いです。すい臓は後腹膜臓器であるため検査法が限られ、症状発現時には進行していることが少なくありません。糖尿病の治療経過中に血糖コントロールが不良にならないことや、原因不明の膵炎が発症した時に膵がんが潜んでないかを見極めることが重要です。
本講座では、すい臓病の実態と治療の重要性を啓蒙し、予防方法や最新の治療法を含めて分かりやすく解説します。

多数のご参加ありがとうございました。

第15回市民公開講座「よくわかる!糖尿病教室」

今回の市民公開講座は「糖尿病」をテーマとしています。日本人の糖尿病は年々増加しており、2007年の調査によると、糖尿病が強く疑われる人や「予備群」は2,210万人と推計されています。
糖尿病は基本的に無症状ですが、合併症が問題となります。透析新規導入の4割以上が糖尿病腎症であり、原因疾患の第1位です。他にも糖尿病網膜症は視力障害の原因の上位を占め、糖尿病神経障害も慢性的な疼痛や足切断などにつながり深刻です。また糖尿病は動脈硬化を促進し、脳梗塞や虚血性心疾患の主要な原因疾患です。これら合併症が怖い病気であるが、実際に治療を受けている患者は半分程度で、約半数は未受診や受診を中断していると言われています。
本講座では市民に対して、糖尿病の実態と治療の重要性を啓蒙し、予防方法や最新の治療法を含めて分かりやすく解説します。

多数のご参加ありがとうございました。

第14回市民公開講座「よくわかる!乳がん」

今回のテーマは「乳がん」です。日本人の乳がんは、いまや16人に1人がかかる病気であり、患者数も年々増え続けています。中でも罹患のピークは、働き盛りの40代、50代の女性であり、その影響は深刻です。しかしながら、日本の乳がん検診受診率は、2007年の段階では20.3%と世界的にもかなりの低水準で推移しており、さらに、乳がんで亡くなる人は年間1万人を超え、年々わずかながら微増の状況です。死亡率を減少させるには早期発見が重要であり、そのためには低迷している検診受診率を上昇させることが急務です。乳がんは早期に発見して治療を行えば治せる病気で、その治療法には手術、放射線治療などの局所治療と、抗がん剤、ホルモン剤、分子標的治療薬などの全身治療があります。本講座では検診、診断、治療についての最新情報をわかりやすく解説します。

多数のご参加、ありがとうございました。

第13回市民公開講座「よくわかる!大腸がん」

今回のテーマは「大腸がん」です。食生活の欧米化とともに大腸がんは増加の一途を辿っており、身近ながんとして社会の関心も高まっています。最近の遺伝子解析はその発生や浸潤メカニズムも解明されつつあります。大腸がんを早期の段階から診断する新しい技術は内視鏡分野を中心に日本が世界をリードしており、早期がんでは内視鏡的切除で治療が完結する割合が増加してきています。また、最も有効な治療と考えられる外科治療の進歩は術後再発率を大幅に減少させ、治癒率の向上に寄与しています。さらに、従来治療を諦めていた切除不能大腸がんについても新たな薬物療法の出現により延命が可能となっています。本講座では著しい進歩を遂げつつある大腸がん研究・診療の最新情報をわかりやすく市民に解説します。

多数のご参加、ありがとうございました。

第12回市民公開講座「よくわかる!肝臓」

今回のテーマは「肝臓です」。社会的にも問題となっているウイルス肝炎と肝がんの増加は、その対策に官民一体で取り組む体制の構築が現在も急がれています。さらにインターフェロンなどの肝炎治療や肝がん治療も日進月歩で進んでおり、これについて広く紹介します。一方、食生活の変化や健康食品・薬物の多用などで肝機能障害を検診で指摘される機会も多い現状から、肝機能障害とはどのようなものなのか、食生活を中心に栄養管理や日常生活における注意について市民にわかりやすく説明します。

多数のご参加、ありがとうございました。

第11回市民公開講座「よくわかる!認知症」

今回は「認知症」がテーマです。急速な高齢化社会に伴い、認知症患者は増加の一途をたどり、かなり身近な疾患の1つとなってきています。しかし認知症の中で最も多いと言われるアルツハイマー型認知症でさえ、残念ながら進行を止めたり治したりすることは出来ないのが実情ですが、認知症の研究は着実に進められてきています。今回は認知症とはどういう病気なのか、現在おこなわれている診断の方法や治療、将来の見通しについてわかりやすく説明します。

多数のご参加、ありがとうございました。
日時:2010年10月16日(土曜日)14時00分~16時30分(13時30分開場予定)
場所:アクトシティ浜松 コングレンスセンター31会議室(浜松市中区板屋町111-1)

第10回市民公開講座「よくわかる!口腔の病気」について

今回は「口腔の病気」がテーマです。口腔は「食べる」「話す」といった人として生活する上で大変重要な機能を持った器官ですが、その病気に関してはあまり知られていません。そこで口腔の病気についての概要を説明するとともに、口腔がん治療の最新治療法と高齢化社会を迎え増えている口腔乾燥についての最新情報を市民にわかりやすく説明します。

多数のご参加、ありがとうございました。
日時:2010年5月22日(土曜日)14時00分~16時30分(13時30分開場予定)
場所:アクトシティ浜松 コングレンスセンター31会議室(浜松市中区板屋町111-1)

第9回市民公開講座「よくわかる!股関節・膝関節・せぼねの病気」について

今回の市民公開講座のテーマは「股関節・膝関節・せぼね」です。重要な下肢関節である股関節・膝関節や背椎(せぼね)は、体を支え2足歩行という人類を特徴付ける重要な機能を維持するためにそれらの健康は欠くことのできないものです。高齢社会を迎え、健康寿命をいかに増進するかといった市民の社会的関心も著しく高まるなか、股関節・膝関節・背椎疾患に対する手術治療を中心に最新情報を市民にわかりやすく説明します。

多数のご参加、ありがとうございました。
日時:2010年1月23日(土曜日)14時00分~16時30分(13時30分開場予定)
場所:アクトシティ浜松 コングレンスセンター31会議室(浜松市中区板屋町111-1)

第8回市民公開講座「よくわかる!肺がん」について

今回のテーマは「肺がん」です。肺がんは悪性新生物(がん)の中でも男性部位別死亡率第1位の疾患で患者数は増加の一途をたどっています。禁煙に対する社会的関心も高まるなか、タバコと肺がんの関係や、肺がん治療の最新情報をお話します。また、会場では看護師による「禁煙相談」を開催します。タバコをやめたいと思っている方、是非、この機会にご相談ください。

多数のご参加ありがとうございました。
日時:2009年10月3日(土曜日)14時00分~16時30分(13時30分開場予定)
場所:アクトシティ浜松 コングレンスセンター31会議室(浜松市中区板屋町111-1)

第7回市民公開講座「よくわかる!心臓の病気」について

多数のご参加ありがとうございました。
日時:2009年5月23日(土曜日)14時00分~16時30分(13時30分開場予定)
場所:アクトシティ浜松 コングレンスセンター31会議室(浜松市中区板屋町111-1)

第6回市民公開講座「よくわかる!お産」について

多数のご参加ありがとうございました。
日時:2009年1月24日(土曜日)14時00分~16時30分(13時30分開場予定)
場所:アクトシティ浜松 コングレンスセンター31会議室(浜松市中区板屋町111-1)

第5回市民公開講座「よくわかる!胃がん」について

多数のご参加ありがとうございました。
日時:2008年10月4日(土曜日)14時00分~16時30分(13時30分開場予定)
場所:アクトシティ浜松 コングレンスセンター31会議室(浜松市中区板屋町111-1)

第4回市民公開講座「よくわかる!がんの看護」について

浜松医療センターでは、市民公開講座を開催します。テーマは「よくわかる!がんの看護」です。前回の「よくわかるがんの話」に続き、がんシリーズの第三弾です。「当院認定看護師によるポスターセッションを開催し講演会を通し看護師の仕事について詳しくお話します。

多数のご参加ありがとうございました。
日時:2008年5月10日(土曜日)14時00分~16時30分(13時30分開場予定)
場所:アクトシティ浜松 コングレンスセンター31会議室(浜松市中区板屋町111-1)

第3回市民公開講座「よくわかる!がんの話」について

浜松医療センターでは、市民公開講座を開催します。テーマは「よくわかる!がんの話」です。前回の「がんの予防と健診」に続き、がんシリーズの第二弾です。「最新医療技術」と「乳がん」について、詳しくお話します。

多数のご参加ありがとうございました。
日時:2008年1月19日(土曜日)14時00分~16時30分(13時30分開場予定)
場所:アクトシティ浜松 コングレンスセンター31会議室(浜松市中区板屋町111-1)

第2回市民公開講座 がんの予防と健診

多数のご参加ありがとうございました。

4つの講座をご用意しております。~1.がん診療連携拠点としての当院の役割2.浜松市のかん診療の取り組み(市民のがん死を減らすために)3.タバコを止めるために4.抗酸化成分!あなたの体を守る食事、食生活~

※詳しい内容はこちらの国立がんセンターホームページよりご確認いただくか、こちら第2回市民公開講座をダウンロードしてください。
日時:2007年10月13日(土曜日)13時30分~16時00分(13時30分開場予定)
場所:アクトシティ浜松 コングレンスセンター31会議室(浜松市中区板屋町111-1)

第1回市民公開講座 メタボリックシンドロームについて

多数のご参加ありがとうございました。

※詳しい内容はこちら第1回市民公開講座をダウンロードしてください。
日時:2007年5月12日(土曜日)14時00分~16時30分(13時30分開場予定)
場所:アクトシティ浜松 コングレンスセンター31会議室(浜松市中区板屋町111-1)

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。