グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




概要


センター概要

相談受付方法

電話・FAX・メール・対面にて相談を承ります。
※FAX、メールでの相談は相談用紙をご活用ください。
電話:053-451-2807・053-452-9216
FAX:053-451-2808
E-mai:soudan@hamamatsucity-medical-co.jp
場所:浜松市中区富塚町328(浜松医療センター南館3階)

相談受付日時

月曜日~金曜日:8時30分~17時00分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始休み)

相談対象

高齢者等(介護保険被保険者)を支える医療・介護・福祉関係者

対象地域

浜松市全域を対象としています。

職員構成

センター長:医師(非常勤)
スタッフ:保健師1名、社会福祉士1名、事務員2名

開設までの経緯

厚生労働省は、誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最後まで続けることができるように地域包括ケアシステムの構築を目指しています。その構築にあたって重要となる在宅医療と介護の連携を推進するため、8項目の取組みを平成30年4月までに全ての市町村で実施することとしています。
浜松市はその取り組みの一つである「在宅医療・介護に関する相談支援」を公益財団法人浜松市医療公社に委託し、平成28年1月4日「浜松市在宅医療・介護連携相談センター」を開設しました。
浜松市在宅医療・介護連携相談センター(愛称:在宅連携センターつむぎ)は、在宅医療・介護の連携に関する支援の窓口です。主に高齢者(介護保険被保険者)等を支える医療・介護・福祉関係者からの相談に対応いたします。

主な業務内容

  • 在宅医療・介護の連携を支援する相談(医療・介護等の専門職)
    医療依存度の高いケアマネジメントの相談をしたい
    他機関との連携をとりたい。在宅医療につなげたいので相談をしたい
    医療専門用語について教えてほしい。経済問題を含めた生活相談をしたい 等

  • 市内の在宅医療・介護関係機関の皆さんと顔の見える関係づくり
    各種研修会へ積極的に参加します
    関係機関、関係職種の皆さんと情報交換を行います

  • 在宅医療・介護連携における課題の抽出と整理
    相談事例の振り返りにより課題の傾向を把握します
    行政担当課と緊密に連携し課題の報告と問題を提起します
(注)浜松医療センターの業務からは独立しています