グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  PET検査室 >  よくあるご質問

よくあるご質問


Q1. PET検査は健康保険で受診できますか。

2018年発行の診療報酬より、下記の疾患・要件を満たしていれば保険適用として認められています。

検査費用と保険適用について

自己負担割合 自己負担金額
1割 約10,000円
2割 約20,000円
3割 約30,000円
※健康保険の種類によって異なる場合があります。
ご不明な点は当センター 受付にお問い合わせください。
※お支払は
  1. 検査当日、浜松医療センター支払 い窓口
  2. 後日振込でお支払い
  3. カード払い
の3つの方法があり、選択していただきます。
疾患名 適応必要条件
てんかん 難治性部分てんかんで外科切除が必要とされる患者に使用する。
心疾患 虚血性心疾患による心不全患者における心筋組織のバイアビリィティ診断(他の検査で判断のつかない場合に限る)又は心サルコイドーシスにおける炎症部位の診断が必要とされる患者に使用する。
悪性腫瘍(早期胃癌を除き・悪性リンパ腫を含む) 他の検査、画像診断により、病理診断、転移・再発の診断が確定できない患者に使用する。
これまでPET検査での健康保険適応は、肺がん・大腸がんなど15の疾患に限って適応されてきましたが、平成22年4月より、早期の胃がんを除くすべての悪性腫瘍に健康保険の適応が認められるようになりました。

同じ月にガリウムシンチグラフィを予定または、施行している場合は、PET検査室にご連絡ください。

Q2. 放射線被ばくによる影響はありますか

普通に生活している場合の1年間に受ける量とほぼ同じです。
胃のX線検査よりやや多い被ばく量ですが、人体への影響はほとんどありません。

Q3. PET検査でわからないがんはありますか

前立腺がん、膀胱がん、腎がんなどは診断が困難です。また1㎝以下のがんも診断が困難です。

Q4. 検査にかかる時間はどの位ですか。

薬剤注射後の安静時間と検査時間を含め約2時間半から3時間かかります。

Q5. 家族への影響はないですか。

ほとんどありません。ただしご家族に妊娠中や10歳未満の小児がいる場合は、翌日までできるだけ接触を控えてください。