グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  お知らせ >  鼻科手術認可施設の認定について

鼻科手術認可施設の認定について


令和2年1月より日本鼻科学会において鼻科手術指導医制度が設立されました。本制度の目的は鼻科手術をより安全確実に施行して頂くために術式の標準化を目指し、後進の育成をはかることです。現在国内では暫定指導医が89名、認定施設は104施設です。

浜松医療センター耳鼻いんこう科は、浜松市内で第1番目(静岡県内では第2番目)に日本鼻科学会が認定する鼻科手術認可施設となりました。内視鏡を用いた鼻の手術は難易度が高いため、十分な手術知識、内視鏡機器を取り扱う技能や体力、時代に呼応した手術支援機器の導入が必要とされます。当院は鼻科手術認可施設として、患者様に一定レベルの安定した手術を提供できるよう日々努めて参ります。

耳鼻いんこう科「加藤照幸」医師が、静岡県内の耳鼻いんこう科医師で初めて日本鼻科手術暫定指導医に認定されました。「加藤照幸」医師は鼻副鼻腔外来、総合アレルギー外来の耳鼻いんこう科部門を担当します。