グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  お知らせ >  矢野医師監修の書籍(感染対策超入門)について

矢野医師監修の書籍(感染対策超入門)について


当院医師の矢野邦夫感染症管理特別顧問が執筆に携わった書籍が出版されました。

新型コロナの流行によって、一般の方々が感染対策のノウハウを体得しつつあります。実際、「クラスター」「ブースター接種」「ブレイクスルー感染」などの感染対策の用語が頻用されるようになりました。このような感染対策の殆どが院内感染対策で実施されているものであることから、一般の方々がそれらを理解することは極めて重要です。しかし、院内感染対策は医療従事者が実施している対策であり、一般の方々には理解しにくいことも多いと思います。そのため、感染対策の原則を理解するための「超入門書」を出版しました。気楽に読める内容になっていますので、ご一読いただければ幸いです。