グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  血管外科 >  下肢静脈瘤について

下肢静脈瘤について


下肢静脈瘤とは

静脈は血液を心臓に戻す血管であり、重力で逆流しないように弁があります。下肢静脈瘤ではその弁が壊れ、足に血液がたまり、静脈が膨れあがる病気です。立っていることが多い仕事の方や妊娠歴のある女性で多く見られます。
症状としては足のむくみ、こむら返り、だるさや痛みのような症状から、より進行すると足の皮膚が黒ずんだり、足首のあたりに潰瘍をきたす事もあります。
このような症状は他の疾患でも起こり、また下肢静脈瘤は基本的に命に関わる疾患ではないので、下肢静脈超音波などでしっかり診断することが大事です。

下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤は4種類があります。
クモの巣状静脈瘤、網目状静脈瘤:クモの巣状静脈瘤は1mm以下程度、網目状静脈瘤は数mm程度の静脈が拡張した静脈瘤です。自覚症状がない場合は治療が不要ですが、だるさや痛みがあったり、美容上の訴えが強い場合は硬化療法を考慮します。
分枝型静脈瘤:伏在静脈からの枝(分枝)に逆流のある下肢静脈瘤です。伏在型と比較し、細い血管ですが、皮膚の浅いところにあるため目立ちます。症状が強い場合、硬化療法や静脈瘤切除(小さな傷で静脈瘤を取り除く)などを行います。
伏在型静脈瘤:足の内側にある大伏在静脈や膝下の後ろにある小伏在静脈といった比較的太い血管の静脈瘤です。症状がある場合レーザー治療などの良い適応となります。

下肢静脈瘤の治療

適度な運動や肥満の改善などの生活習慣の改善、弾性ストッキングの着用などの圧迫療法、硬化療法、下肢静脈瘤血管内焼灼術などがあります。一度壊れた弁は治りませんが、生活習慣の改善や弾性ストッキングの着用で症状が良くなることもあります。

圧迫療法

弾性ストッキング(または弾性包帯)の着用のみで症状が改善し、手術が不要となる方もいます。また潰瘍があるような重症な方では治療の前後でしっかりと圧迫することが大事です。当院では医師の指示の元、弾性ストッキング・コンダクターが適切な弾性ストッキングの選択と着用を指導します。下肢静脈瘤に対する弾性ストッキング自体は保険適応でないため、実費(一足で3,000-5000円程度)がかかります。

下肢静脈瘤血管内焼灼術(レーザー治療)

主に伏在型の下肢静脈瘤の方が治療の適応となります。伏在型の下肢静脈瘤に対して以前はストリッピングといった血管を抜去する手術が行われていましたが、2011年に下肢静脈瘤血管内焼灼術が保険適応となってから急速に普及している治療です。ストリッピングと比較し、局所麻酔でできること、小さい傷で治療が可能であることなどのメリットがあります。
現在日本では下肢静脈瘤血管内焼灼術としてレーザー治療とラジオ波での治療、医療用接着剤による治療が保険適応となっています。
当院ではELVeSレーザー1470(波長1470nm。2014年保険適応)を用いています。
本機器のメリットとしては2011年に保険適応となった波長980nmのレーザーと比較し、術後の疼痛や皮下出血などが少ないことがあります。
分枝型静脈瘤もある場合、同時に小さい傷で静脈瘤を取り除くことも可能です(それによって治療費は変わりません)。

入院後、医師が超音波で治療する血管を確認致します。
当院では局所麻酔で治療を行っているため、手術直後から歩行、食事が可能です。手術翌日には退院可能です。

術後は1ヶ月程度、弾性ストッキング着用をお勧めしています。

硬化療法

クモの巣状状静脈瘤や網目状静脈瘤など細い血管の静脈瘤やレーザー治療後の細かい枝などが対象となります。外来で治療が可能ですが、投与できる硬化剤の量に制限があるため、範囲が広い場合には治療が数回に及ぶ事もあります。

実績

2017年 2018年 2019年
下肢静脈瘤血管内焼灼術(人) 42 50 60
硬化療法(回) 5 22 27