グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  膠原病・リウマチ内科 >  関節リウマチ・膠原病の早期発見・早期治療のために

関節リウマチ・膠原病の早期発見・早期治療のために


関節リウマチはどのように診断しますか?

2010年アメリカリウマチ学会/ヨーロッパリウマチ学会 関節リウマチ分類基準(表1)をもちいて診断します。
1) 初診時に1ヶ所以上の関節に明確な臨床的滑膜炎(関節の腫れや痛み)が見られ、滑膜炎の原因が他の疾患ではない場合に関節リウマチの発症を疑います。
2) そして、以下のA-Dのスコアを加算して6点以上の場合に関節リウマチと分類されます。
3) 初診時でない場合もX線写真にて典型的な骨びらんがあり、以前にこの分類基準に矛盾しない病歴を有する方も関節リウマチと分類されます。
A. 罹患関節
大関節1カ所 0
大関節2-10カ所 1
小関節1-3カ所(大関節の罹患の有無を問わない) 2
小関節4-10カ所(大関節の罹患の有無を問わない) 3
11カ所(1カ所以上の小関節を含む) 5
B. 血清学的検査(分類には1回以上の検査結果が必要)
RF陰性かつ抗CCP抗体(ACPA)陰性 0
RF低値陽性またはACPA低値陽性 2
RF高値陽性またはACPA高値陽性 3
C. 急性期反応物質(分類には1回以上の検査結果が必要)
CRP正常かつESR正常 0
CRP異常かつESR異常 1
D. 症状の持続期間
6週未満 0
6週以上 1
(表1: 2010年アメリカリウマチ学会/ヨーロッパリウマチ学会関節リウマチ分類基準)

関節超音波検査

また、臨床的滑膜炎の早期診断のために、当科では関節超音波検査(関節エコー)やMRIによる画像学的な評価を行っています。さらに、治療開始後も定期的に画像学的検査を行い、早期に関節リウマチを改善させること(タイトコントロール)を目指しています。

関節リウマチの治療のゴールは何ですか?

3つの寛解*を達成し、その状態を維持することが治療のゴールとなります(*寛解とは治療により病気の勢いが完全に抑えられている状態のこと)。

関節リウマチの3つの寛解について

関節リウマチ・膠原病の治療はどのように進歩していますか?

現在でも関節リウマチにおいてはメトトレキサートなどの抗リウマチ薬が、また、膠原病においては副腎皮質ステロイド剤や免疫抑制剤が治療薬の中心となっています。しかしながら、未だに既存の治療ではなかなか良くならない場合も少なからずあります。一方で、近年、関節リウマチや膠原病の病態解明に関する研究が著しく進歩し、病気の発症や悪化に関連する様々な分子を直接的に抑制あるいは調節する生物学的製剤などの新規分子標的治療薬が次々と開発されてきました(表2)。
作用対象 一般名 剤形 適応疾患
TNFα インフリキシマブ 点滴静注 RA, BD, PsA, AS
エタネルセプト 皮下注 RA
アダリムマブ 皮下注 RA, PsA, AS, BD(腸管型)
ゴリムマブ 皮下注 RA
セルトリズマブペゴル 皮下注 RA
IL-6 トシリズマブ 点滴静注, 皮下注 RA, AOSD, TA, GCA
サリルマブ 皮下注 RA
CTLA4 アバタセプト 点滴静注, 皮下注 RA
BLyS ベリムマブ 点滴静注, 皮下注 SLE
IL-5 メポリズマブ 皮下注 EGPA
CD20 リツキシマブ 点滴静注 MPA, GPA
IL-17 セクキヌマブ 皮下注 PsA, AS
イキセキズマブ 皮下注 PsA, AS
ブロダルマブ 皮下注 PsA
IL-23 ウステキヌマブ 皮下注 PsA
グセルクマブ 皮下注 PsA
リサンキズマブ 皮下注 PsA
JAK トファシチニブ 経口 RA
バリシチニブ  経口 RA
ペフィシチニブ 経口 RA
ウパダシチニブ 経口 RA
PDE4 アプレミラスト 経口 PsA, BD(口腔潰瘍)
チロシンキナーゼ ニンテダニブ 経口 SSc(間質性肺疾患)
RANKL デノスマブ 皮下注 RA(骨びらん)
RA; 関節リウマチ, SLE; 全身性エリテマトーデス, EGPA; 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症
MPA; 顕微鏡的多発血管炎, PsA; 関節症性乾癬, SSc; 全身性強皮症, BD; ベーチェット病
AOSD; 成人発症スティル病, GPA; 多発血管炎性肉芽腫症, AS; 強直性脊椎炎
TA; 高安動脈炎, GCA; 巨細胞性動脈炎
(表2: 関節リウマチや膠原病の新規治療薬, 2020年7月現在)
最近ではこれらの新規治療薬を早期に積極的に投与することで、従来の免疫抑制療法だけでは困難であった関節リウマチや膠原病の治療成績や生命予後が飛躍的に向上し、長期的な生活の質を改善させることができるようになってきました。
すなわち関節リウマチや膠原病の診療はケア(癒やす)からキュア(治す)ということが目標に置かれることになってきました。

関節リウマチや膠原病の治療はケア(癒やす)からキュア(治す)へ