グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  感染症内科 >  新型コロナウイルスQ&A

新型コロナウイルスQ&A


院長補佐 兼 感染症内科部長 兼
医療安全推進室長 兼 衛生管理室長
 矢野 邦夫

全世界で新型コロナウイルス流行しており、新型コロナウイルスに関する疑問や不安を感じていることと思います。
当院院長補佐・感染症内科部長矢野邦夫が、患者の皆さまの疑問や不安に対し、Q&A形式で回答しています。

Q1. 新型コロナウイルスはどのようにして、人から人に感染するのでしょうか?

A1. 感染者が咳やくしゃみをしたときに、鼻や口から飛散する飛沫にウイルスが含まれており、それを周囲(2m以内)にいる人々が吸い込むことによって、感染します。また、咳、くしゃみ、会話などをしたときに口や鼻から飛び出す微小な飛沫が密閉空間の空気中を漂い、それを吸い込むことによって感染することもあります。もう一つ大切な伝播経路はドアノブや手すりのような環境表面です。そこは人々が頻回に触れるところなので、感染者の手指も触れます。その手指にはウイルスが付着していることがあり、環境表面に付着させます。ウイルスは環境表面に最大3日程生息できるので、その期間に別の人々が触れれば、手指にウイルスが付着します。そのまま、眼や鼻などの粘膜に手指が触れることによって感染します。

Q2. 新型コロナウイルスに感染したときにはどのような症状がみられるのでしょうか?

A2. 新型コロナウイルス感染症の症状は発熱、乾性咳、倦怠感などです。潜伏期間は5~6日が最も多く、最短で1日、最長で14日です。感染しても80%の患者さんは症状が軽く、酸素治療や人工呼吸器は必要ありません。しかし、15%の患者さんは呼吸困難となり、酸素療法が必要となります。そして、約5%の患者さんは呼吸ができなくなり、ショック状態となり、人工呼吸器などによる集中的な治療が必要となります。
どのような人々が重症となり、死亡するのかというリスク要因もわかってきました。60歳以上の人や基礎疾患(高血圧、糖尿病、心血管疾患、慢性呼吸疾患、癌など)のある人が重症化しやすいです。致死率は年齢とともに高くなり、80歳以上で21.9%と報告されています。一方、小児が感染することは比較的稀であり、感染しても症状は軽度です。
重症患者さんでは、最初に症状がみられてから、呼吸が苦しくなるまでは約5日であり、その2日後に入院が必要となることが多いことが知られています。

Q3. 自宅で受け取った宅配便や配送便の内容物を介して新型コロナウイルスに感染しないでしょうか?

A3. 宅配便や配送便の内容物を介して、感染することはないと思われます。ウイルスは環境表面に最大3日程の生存時間なので、配送時に担当者が内容物に触れてから、宅配便や配送便が自宅に届くまでは3日以上経過していることが殆どだからです。中国や米国など外国からの郵送物であれば、必ず3日は経過しているので、心配ありません。
宅配便や配送便を自宅まで届けてくれる担当者が感染している場合には、表面にウイルスが付着している可能性は残ります。そのため、梱包を開けてから、手洗いすることをお勧めします。

Q4. 遊園地の遊具で子どもが新型コロナウイルスに感染する可能性はありますか?

A4. 遊園地は屋外なので、換気については問題ありません。しかし、多くの子どもが集まる状況であれば、社会的距離を開けることができなくなり感染のリスクは増大します。また、ブランコなどの遊具には子供たちの手指が触れるので、その部分にはウイルスが付着している可能性があります。そのため、遊具で遊んだあとには必ず手洗いをするようにします。遊園地であっても、込み合っているところであれば近寄らないほうがよいでしょう。

Q5. 通学や通勤では満員バスや電車に乗車せざるをえません。ここは3密になると思います。どのようにしたら、良いのでしょうか? マスクを着用すれば大丈夫でしょうか?

A5.マスクを着用しても、感染を防ぐことはできません。「周囲に感染者がいるかもしれないので、その人々の口や鼻から飛散する飛沫を吸い込まないためにマスクを着用する」と考えている人が多いのですが、それは正しくはありません。そのような状況では、マスクの表面がウイルスに汚染しています。通常、マスクを着用している人々は無意識のうちにマスクの表面を頻回に触れます。そのため、手洗いをしなければ、マスクの効果はないのです。感染を予防することを目的としてマスクを着用するのであれば、アルコール手指消毒薬を常に携帯することが大切です。マスクはアルコール手指消毒薬と併用することによって、感染予防の効果が期待できるのです。
それでは、マスク単独は効果がないのかというとそうではありません。「自分が感染者であった場合、自分の口や鼻から飛散する飛沫の量を減らす」という目的としては大変有効なのです。
満員バスや満員電車に乗車せざるを得ない場合にはどのようにしたらよいのでしょうか?マスクを着用し、アルコール手指消毒薬を携帯します。そして、マスクや手すりなどに触れた後には手指を消毒するようにします。これによって、飛沫や環境表面からの感染を防ぐことができます。

Q6.同居家族が新型コロナウイルス感染症にて入院していたのですが、回復して退院しました。その家族から感染しませんか?

A6. 感染することはありません。WHOは「症状が出てから、10日経過し、かつ、症状が消失してから3日経過すれば隔離する必要はない」としています。PCRが陽性であったとしても、それはウイルスの残骸をみているだけであり、生きたウイルスは存在しないからです。そのため、入院していた家族が退院した場合、その方から新型コロナウイルスが感染することはありません。

Q7. 喫煙することは新型コロナウイルスに感染しやすくなりますか?

A7. 喫煙すると、新型コロナウイルスにに感染しやすく、かつ、感染した場合には重症化しやすいことが知られています。まず、喫煙という行為によってウイルスが付着したタバコや手指が口に近づきます。これはリスクの高い行為といえます。また、喫煙するとウイルスが肺細胞に付着する部位が増加します。すなわち、ウイルスが付着しやすい面積が増えるということです。もちろん、喫煙を続けていると、肺疾患を合併したり、肺の機能が低下するので、感染した場合には重症化しやすいのです。

Q8.散歩にゆくときにもマスクは必要ですか?

A8.気温が高くなると、散歩に出かけても、体温が上昇します。そのような状況でマスクを着用していると、マスク内に熱が籠ってしまいます。そのため、散歩などではマスクは着用しないようがよいでしょう。ただし、人々が集まっているところにどうしても入り込まなければならないときには、マスクを着用します。マスクの目的は自分が感染者であった場合に周囲の人々に感染させないことです。そのため、周囲2m以内に誰もいない状況であればマスクを着用する意味がありません。

Q9.夏にマスクを一日中着けていると、ニキビや肌荒れになると思います。どうしたらよいですか?

A9.マスクは毎日、洗濯します。汗などが残った状態で使い続けると、それが刺激となってニキビや接触性皮膚炎となるからです。夏の暑い日は複数枚のマスクを交換してゆくとよいでしょう。寝る前にシャワーを浴びた後には、保湿剤を顔に塗って皮膚を整えます。日中は皮膚は酷使されています。そのため、夜間に皮膚を手入れすることが大切です。万が一、顔に発赤がみられたり、痒くなるようなことがあれば、我慢せずに皮膚科に受診しましょう。

Q10.新型コロナウイルスに感染しないように、高性能マスクを使用したほうがよいですか?

A10. 高性能マスクは病院の結核対策で頻回に使用されるマスクです。これは空気中に浮遊しているウイルスがマスクと顔の皮膚の間の隙間からマスク内に盛り込まないようにするために、ゴムできっちりと密閉するようにデザインされています。これを使用すると、呼吸がとても苦しくなり、10分以上の作業はできません。一般の方々が高性能マスクを着用しているのを見かけることがあるのですが、呼吸が苦しくなるためか、2本あるゴムのうちの1本を取り外しています。これではマスクの意味はありません。
マスクは単独では新型コロナウイルスの感染予防にはなりません。手指消毒との併用によって感染予防の効果がでてきます。街中で着用しているマスクは自分が感染源にならないことを目的としています。感染しないためのマスクの着用ではありません。そのため、高性能マスクを着用しても効果は期待できないのです。布マスクで十分です。

【NEW】Q11. スポーツジムでの感染が報道されました。これからも行っても大丈夫でしょうか?

A11.新型コロナウイルスが昨年末に中国武漢で発生してから、現在までの7か月間で様々なことがわかってきました。このウイルスは感染力があまり強くなく、特定の条件が揃うことによって感染しやすくなるのです。具体的には、「感染者から1m以内にいる」+「感染者も自分もマスクを着用しない」+「15分以上一緒にいる」の3条件が揃うと感染しやすくなり、これに「叫ぶ、歌う、大声を出す」が加わると、感染のリスクが一気に増加します。実際、接客を伴う飲食店では、これら4条件がそろったからクラスターが発生しました。

スポーツジムでは運動している人々は息を弾ませています。これは「叫ぶ、歌う、大声を出す」に近い状態であり、飛沫を遠方まで飛散させる状況となっています。通常は飛沫は感染者から1m程度まで飛散できないのですが、息が荒くなると2mまで届くと推測されます。

それでは、運動中にマスクを着用してはどうかという意見もあるかもしれません。しかし、そのような対応は運動者が苦しくなってしまいます。そのため、社会的距離を2m空けるということが大切です。もちろん、手洗いも大切です。運動器具にウイルスが付着していれば、そこに触れた手指にウイルスが付着し、無意識の間に自分の目、鼻、口の粘膜に触れることによって感染するからです。

もう1つ、スポーツジムでの感染で気を付けなければならないところに「更衣室」があります。ここでは着替えるために、殆どの人がマスクを取り外しており、しかも、社会的距離が保たれていません。ここに入る人数制限をするとか、更衣室の中でも必ずマスクを着用することが大切です。

従って、スポーツジムで運動を継続するためには下記の3点を守ることになります。
・他の人々と2m以上の距離をあける。それ以下の距離になるならばマスクを着用する。
・手洗いを頻回におこなう。
・更衣室では可能な限り、マスクを着用する。