グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  画像診断科

画像診断科



診療科の特徴

画像診断科長 岡和田 健敏

躯幹領域を中心に、CT、MRIといったコンピュータ断層装置による診断業務、血管造影やInterventional angiography、核医学検査を担当しています。
依頼された検査の安全、迅速、適切な施行と、迅速かつより正確な検査結果の作成、送付を心掛けています。
可能な限り、救急疾患への画像診断的対応または治療的血管造影による対応を行っています。
CTは躯幹全般
MRIは全身
RIは脳
心臓以外の全般
IVRは脳
心臓以外の全般

医師紹介

岡和田 健敏 (おかわだ たけとし)

科長
専門分野
画像診断一般
資格等
専門医:日本医学放射線学会
放射線診断専門医・研修指導者
略歴
卒業大学名 浜松医科大学
免許取得年 昭和58年

長谷川 進一(はせがわ しんいち)

副参事
専門分野
画像診断一般
資格等
専門医:日本医学放射線学会、放射線診断専門医・研修指導者
学会:RSNA、ARRS、ISMRM、日本医学放射線学会(JRS)、日本磁気共鳴医学会(JSMRM)
略歴
卒業大学名 浜松医科大学
免許取得年 昭和63年

実績

CTでは、高速に撮影可能となった多列CTにて救急疾患に対応し、また、肝臓癌をはじめとする慢性肝疾患、呼吸器疾患をはじめ、躯幹領域一般を対象としているのが特徴です。(平成29度検査読影実績/18,886件)
3TMRIでは、肝、胆、膵領域の腫瘍性病変の詳細な診断や、非侵襲的なMRCPによる胆道、膵疾患の診断も盛んに行われています。また、婦人科疾患や整形領域の診断にも威力を発揮しています。拡散強調画像やスペクトロスコピーによる、より高度な組織の性質診断も行っています。(平成29年度検査読影実績/3,028件)
血管造影、特に治療目的のInterventional angiographyでは、肝臓癌に対する化学塞栓療法が盛んに行われている他、内臓動脈瘤のコイル塞栓症、PTOやTIO、BRTOなど、門脈圧亢進症に対する各種の治療、外傷や内科的疾患の出血に対する動脈塞栓術による止血治療等も行っています。(平成29年度検査読影実績/36件)
核医学検査では、骨シンチやGaシンチといった検査による腫瘍の検索や、甲状腺、肝、腎等の機能検査を施行します。(平成29年度検査読影実績/293件)

施設認定

日本医学放射線学会修練機関