グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  救命救急センター・救急科 >  救急外来における新型コロナウイルス感染防止対策

救急外来における新型コロナウイルス感染防止対策


新型コロナウイルスが問題なる前から、院内感染防止には病院挙げて取り組んでおりました。感染症指定医療機関としてさらに気を引き締めて対応しております。

緊急事態宣言が解除され、新型コロナウイルス感染の第2波が襲来した時点で、新型コロナウイルス感染症対策委員会から救急外来に掲示を出し、緊張感を維持して診療にあたるように注意喚起しました。なお新型コロナウイル感染だけが感染症ではありません。最近でも開放性結核(肺に空洞があり、結核菌を排菌している状態)の患者さんが受診しております。あらゆる感染症に対して注意を払う必要があります。

当直勤務開始時のミーティングでは、新型コロナウイルス感染予防対処要領として「厳重に標準予防策を実施」と唱和して、気持ちを引き締めております。

標準予防策として、個人が行っている具体的なことは手洗い・手指消毒、マスク着用、フェイスシールド・アイガード着装です。

新型コロナウイルス抗原検査のために鼻咽頭から検体採取をする際、気管挿管をおこなう場合など状況によってはさらに厳重にエプロンをまとったりしています。

患者さんと接するにあたり、お互いに、声が聞き取りにくい、表情が分かりにくいなど不便なことも多々あります。また手袋をして診察され、汚いもの扱いされたとご不満に思われるかもしれません。しかししっかり感染対策を行うことが、患者さんも病院も、ひいては地域を守ることになります。ご理解ご協力をお願いします。