グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  人工透析内科

人工透析内科



診療科の特徴

人工透析内科長・腎臓内科長 大石 和久

透析の導入後に安定した新規透析導入患者は、近隣の透析施設に維持透析をお願いしています。
総合病院の特色を生かし、近隣の透析施設での骨折、虚血性心疾患、心臓血管外科症例、脳血管障害、一般外科症例、肺炎、吐下血、その他入院の必要な合併症に対処しています。
通常の血液透析、腹膜透析(CAPD)の他、血液濾過、血液濾過透析、血漿交換、血漿吸着、血液吸着、持続血液濾過透析、腹水濃縮灌流なども必要に応じて行っています。

対象疾患

慢性腎不全
急性腎不全

医師紹介

大石 和久(おおいし かずひさ)

科長 兼 腎臓内科長
専門分野
腎炎、腎不全、透析、膠原病一般
資格等
指導医:日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本高血圧学会
専門医:日本リウマチ学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本腎臓学会専門医 、日本透析医学会専門医 浜松医科大学臨床教授
浜松医科大学臨床教授
略歴
卒業大学名 信州大学
免許取得年 昭和56年

武田 明日美(たけだ あすみ)

医長兼リウマチ科医長・人工透析内科医長
資格等
指導医:日本内科学会
専門医:日本内科学会認定医 日本内科学会総合内科専門医
日本透析医学会専門医
日本腎臓学会専門医
略歴
卒業大学名 浜松医科大学
免許取得年 平成14年

江間 智映実(えま ちえみ)

医員
資格等
認定内科医
略歴
卒業大学名 杏林大学
免許取得年 平成24年

実績

新規患者実人数 継続患者実人数
血液透析 74人 45人
(うちHDF) 8人

平成29年度血液浄化患者数

入院 外来
238名/2736件 43名/4953件 281名/7689件
入院:293名
腎臓内科:80名
他の科:213名
消化器:41
循環器:19
整形:21
血管外科: 41
脳外:11
呼吸器内:13
血液:12
感染症:5
耳鼻科:2
形成:2
心外:14
救急:2
眼科:4
内分泌:1
泌尿器:1
乳腺:1
呼吸器外:2
神経内:1
消化器外:15
産婦人:2
リウマチ:2
皮膚:1
乳腺:1
※顆粒球吸着(G-CAP)86件

救命センターにおける血液浄化:169件

血液透析(HD) 87件
血液濾過透析(OHDF) 32件
持続緩徐式血液濾過透析(CHDF) 38件
限外濾過(ECUM) 1件
エンドトキシン吸着療法 7件
血漿交換(PE) 4件

透析室における血液浄化

血液透析(HD) 7,598件
血液濾過透析(OHDF) 1,084件
エンドトキシン吸着療法 1件
血漿吸着 11件
二重濾過膜血漿交換療法 15件
顆粒球吸着 86件
腹水濾過濃縮再静注法 17件
幹細胞採取 14件
骨髄濃縮 4件

施設認定

日本腎臓学会
日本透析医学会