グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  歯科口腔外科 >  どうして手術が決まったからって歯科に行くの?

どうして手術が決まったからって歯科に行くの?


全身麻酔の手術ときに起こる口のトラブルとは

全身麻酔で手術を受けるとき、呼吸を助けるための管が必要になります。この管は口から気管まで通ることが多く、管を通すときに歯が傷ついたり、口の菌が肺に送り込まれることで肺炎になったり、口内炎や口の乾燥などが起こることがあります。

手術を受ける前に歯科を受診しましょう

口が原因のトラブルで入院中の生活や治療に支障が出ないように、歯科で歯のチェックを受け、必要な処置を受けておきましょう。なお、歯科治療は保険診療で行われます。

歯科で行うこと

歯の検査をはじめ、歯石除去、歯の清掃方法の指導、状態の悪い歯の抜歯、義歯や粘膜や顎(あご)の骨の状態の確認などです。

歯科を予約するときに

手術のために入院するまでに歯科治療が終わるよう、できるだけ早めの予約を取りましょう。
浜松医療センターでは、医療連携室(2号館1階)がスムーズな歯科予約を取るためのお手伝いをしています。
主治医から歯科受診を薦められましたら、医療連携室で受診を希望する歯科医院を決めます。医療連携室は歯科医院へ事前の連絡を入れ、患者さんには歯科受診の時に必要になる書類をお渡しします。歯科医院の予約は、ご自身でお願いします。

歯科を受診するときに必ず持参しましょう

浜松医療センターから歯科医院へ紹介のときは、医療連携室で渡された書類一式をお持ちください。
他にも
①健康保険証 
②お薬手帳 
③普段使用している歯磨き用品や義歯  
④治療内容やスケジュールのわかる書類
 があると良いでしょう。
病院からの紹介がなく歯科医院を受診する場合は、①~④を持って行きましょう。

浜松医療センターでは入院中の口の管理は院内の歯科口腔外科が行います

浜松医療センターに入院された患者さんは、当院歯科口腔外科が口の管理を担当しています。