グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  臨床検査技術科 >  生理検査室

生理検査室


生理検査とは、体の構造や機能に関する様々な情報を波形や画像として記録し調べる検査です。
生理検査には次のような検査項目があり、2号館2階の生理検査室で行っています。手術室や病棟に出向いて検査を行うこともあります。
  • 心電図
  • 運動負荷心電図(マスター、トレッドミル)
  • ホルター心電図
  • イベントレコーダー
  • 24時間血圧測定検査
  • 腹部超音波検査
  • 体表面超音波検査(甲状腺、乳腺等)
  • 血管系超音波検査
  • 心臓超音波検査
  • ABI・TBI測定検査
  • 皮膚潅流圧測定検査
  • 呼吸機能検査(VC、FVC、呼吸抵抗 等)
  • 標準聴力検査
  • 語音聴力検査
  • 聴性脳波誘発電位測定検査
  • 新生児聴覚スクリーニング検査
  • 脳波検査
  • 重心動揺検査(ラバー負荷検査)
  • 前庭誘発筋電位測定検査
  • 筋電図検査
  • 神経伝導速度測定検査
  • 術中神経モニター

各検査の概要

心電図

心臓の活動により生じる電気的変動を記録する検査です。不整脈や虚血性心疾患など、心臓に異常がないかを調べます。

心電図

運動負荷心電図(マスターの二階段負荷試験)

踏み台を昇り降りし、運動後の心電図の変化を記録する検査です。
狭心症の疑いがある患者さんで、安静状態の心電図で異常が認められない場合には、運動後の心電図を記録することで異常を発見できる場合があります。

運動負荷心電図(マスターの二階段負荷試験)

運動負荷心電図(トレッドミル負荷試験)

トレッドミルのベルト上を歩いてもらい、運動中の心電図の変化を観察、記録する検査です。
ベルトの速度と角度の調節によりさまざまな負荷をかけることができます。

運動負荷心電図(トレッドミル負荷試験)

ホルター心電図

ホルター心電図は、小型軽量のレコーダーを身につけて、日常生活中の24時間の心電図を記録する検査です。
記録された心電図を解析し、不整脈や虚血性心疾患などの診断、治療に役立てます。

ホルター解析装置とレコーダー

ホルター解析装置とレコーダー

ホルター解析装置とレコーダー

ホルター解析装置とレコーダー

イベントレコーダー

小型心電計を1~2週間貸出し、日常生活中で心臓の症状が出た時にご自身で心電図を記録していただく検査です。

24時間血圧測定検査

ホルター心電図同様、携帯型のレコーダーを装着し、24時間の血圧を記録します。

腹部超音波検査

患者さんのおなかに超音波検査装置のプローブをあてて、腹腔内の各臓器(肝、胆、膵、腎、腸管など)の形、大きさ、病変を画像として観察し記録します。炎症性疾患・腫瘍性疾患・閉塞性疾患・結石などの診断に役立ちます。
また、造影剤を用いて医師が行う腹部造影超音波も生理検査室で行っています。

腹部超音波検査

腹部超音波検査

体表面超音波検査

患部に超音波検査装置のプローブを当てて、体の表層近くにある甲状腺、リンパ節、皮下組織などを観察し記録する検査です。バセドウ病やリンパ節炎、皮下腫瘍などの診断・鑑別に役立ちます。

体表面超音波検査

血管系超音波検査

動脈や静脈を超音波検査装置を用いて観察し血流の評価をします。
エコノミークラス症候群として知られている深部静脈血栓症もこの検査で診断します。

血管系超音波検査

心臓超音波検査

患者さんの胸に超音波検査装置のプローブをあ  てて、心臓の形、大きさ、動き、心臓内の血流の状態を画像として観察、記録します。弁膜症・虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)・心筋疾患・先天性心疾患などの診断に役立ちます。また、経食道心臓超音波検査も生理検査室内で行っています。これは医師が行う検査で特殊な探触子を使って食道の中から心臓を観察します。

心臓超音波検査

ABI・TBI測定検査

ABI測定は、両腕・両下肢の血圧、脈波を測定します。
TBI測定は足の親指までの血圧、脈波を測定します。
これによって、血管の硬さや狭窄・閉塞などが推測され、動脈硬化症の診断に役立ちます。

ABI・TBI測定検査

皮膚潅流圧測定検査

足の表面近くにある毛細血管の血液の流れを評価する検査です。足に重症の虚血(壊死など)が疑われる場合に検査を行い、治療方針に反映します。

呼吸機能検査

肺に出入りする空気の量などを調べ、肺の容量、換気能力、気道の異常、肺拡散能力などを評価します。
基本検査として肺活量や努力性肺活量を調べます。いずれの検査も患者さん自身に努力していただいて、出来る限り最大の呼吸を測る必要があります。

呼吸機能検査

標準聴力検査・語音聴力検査

聴力検査とは、耳の聞こえを調べる検査です。空気を介する音の伝導(気導)と頭蓋骨を介する音の伝導(骨導)の聴力閾値を調べることで、難聴を伝音難聴、感音難聴、混合性難聴に分類できます。伝音難聴は中耳炎など、感音難聴は先天性難聴、ウイルス感染症、などが原因となります。
また、語音聴力検査は言葉の聞き取りやすさを調べます。主に補聴器を付ける前の検査として行われます。

標準聴力検査・語音聴力検査

聴性脳波誘発電位測定検査

クリック音を聞かせることで生じる脳幹の微弱な反応波を検出し、聴力に関する判断を行う検査です。これによって難聴の有無・脳幹障害(聴神経腫瘍、意識障害、脳死の判定等)を調べます。

新生児聴覚スクリーニング検査(自動聴性脳幹反応検査)

新生児にクリック音を聞かせることで生じる脳幹の微弱な反応をとらえる検査です。聴覚障害を早期発見することができます。当院で生まれた新生児に対して検査を行っています。

脳波検査

頭皮にたくさんの電極を貼り付けて、脳の電気活動を記録します。記録された波形を判読することで、てんかんなどの病気の診断、治療に役立てます。

脳波検査

重心動揺検査

重心動揺検査は、めまい、平衡障害の診断を目的とした検査です。開眼状態で1分、閉眼状態で1分と直立姿勢を保ち、重心の動揺を記録、分析を行います。
また、クッション性のあるマットの上で直立するラバー負荷検査も行っています。

重心動揺検査

前庭誘発筋電位測定検査

めまいに関与する内耳の一つである球形嚢や前庭神経の機能を調べる検査です。大きなクリック音を聞いたときに生じる胸鎖乳突筋の反応を記録します。

筋電図検査

筋電図検査は、筋線維が興奮する際に生じる電気活動を記録することで、末梢神経や筋肉の疾患の有無を調べる検査です。顔面神経を刺激して顔面神経麻痺の予後診断を行う、顔面神経検査(ENoG)も扱っています。

神経伝導速度測定検査

神経伝導検査は、手や足の神経が正常に機能しているか調べる検査です。手足の神経の上から電気刺激をし、その刺激の伝わる速度を測定します。糖尿病性の神経障害や手根管症候群などの神経障害の診断や評価に役立ちます。

神経伝導速度測定検査

術中神経モニタリング

手術により障害される可能性のある神経機能をモニタリングすることで、術後の機能障害を回避する事が期待されます。
当院では臨床検査技師が手術室へ赴き、運動誘発電位や体性感覚誘発電位や脳波のモニタリングを担当しています。