グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  臨床検査技術科 >  検体検査室:生化学・免疫検査

検体検査室:生化学・免疫検査


生化学検査とは

生化学検査では、患者様から採取された血液や尿などからタンパク質や酵素、脂質など様々な成分を測定する検査を行なっています。また他部門との連携・協力により、各種委員会、クリニカルパス、NST、医療安全、糖尿病教室等に参加しています。

検体到着から検査結果の報告までの流れ

より正確に、より迅速に、検査結果をお届けできるよう日々業務に励んでいます。外来採血室や病棟から検体が届き、受付を行ないます。

血液を遠心分離すると細胞部分と上清部分に分かれます。この上清を使って検査を行ないます。
検体は分注機を通り、各検査機器へと運ばれます。

検体分注機ラボスペクトTS

検体分注機ラボスペクトTS

肝機能、腎機能などの項目は「日立ラボスペクト008」にて測定します。

自動分析装置ラボスペクト008 2台

自動分析装置ラボスペクト008 2台

感染症項目や腫瘍マーカー、血中薬物濃度などは「アーキテクト」や「コバス」にて測定します。

全自動免疫測定装置ARCHITECT i4000SR

全自動免疫測定装置ARCHITECT i4000SR

cobas8000シリーズe602

cobas8000シリーズe602

その他にも、血糖値やHbA1cを測定したり、血液中の酸素濃度や二酸化炭素濃度を調べる血液ガスの検査を行なったりしています。

全自動血糖分析装置GA08IIIと自動グリコヘモグロビン分析計HLC-723G9

全自動血糖分析装置GA08IIIと
自動グリコヘモグロビン分析計HLC-723G9

ガス分析測定装置 2台

ガス分析測定装置 2台

検査結果は院内のオンラインシステムにより直接医師の元へ届けられます。検査項目にもよりますが、検査室に到着後1時間を目安に検査結果を報告しています。
異常値などが認められた場合や何らかの理由で検査がうまくいかなかった場合は、再検査を行ないます。そのため検査結果に時間がかかる場合がありますのでご了承ください。