グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  臨床検査技術科

臨床検査技術科


臨床検査技術科は、病気の診断や治療のための支援として各種検査を行っている部署です。
患者さんと接する心電図検査などの生理検査室、血液や尿の分析・細菌検査・輸血検査などの検体検査室、臓器や組織などを調べる病理検査室、輸血業務や血液製剤を管理する輸血管理室の4部門から構成されています。
また、外来採血室における採血業務や、救急医療のため24時間体制にて緊急検査や輸血検査を行っています。これらの仕事は国家資格を持った臨床検査技師が担当しています。「患者さんのため」をモットーに、より迅速で精度の高い検査データの提供を心がけ日々努力しています。
スタッフ数/臨床検査技師:50名(パート職員7名含む)

認定資格保持者
認定輸血検査技師(日本輸血・細胞治療学会認定) 2名
認定血液検査技師(日本検査血液学会) 3名
骨髄検査技師(日本検査血液学会) 1名
超音波検査士(日本超音波医学会認定) 循環器領域 3名
消化器領域 4名
体表臓器領域 1名
泌尿器領域 2名
血管領域 1名
乳腺精中機構 A評価 3名
血管診療技師(血管診療技師認定機構認定) 1名
細胞検査士(日本細胞学会認定) 5名
認定病理検査技師(日本臨床衛生検査技師学会認定) 1名
二級臨床検査士(病理学)(日本臨床検査医学会、臨床同学院) 2名
認定臨床微生物検査技師 1名