グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  各センター紹介 >  口腔顎顔面センター

口腔顎顔面センター


内藤克美

口腔顎顔面センター長 内藤克美

近年疾病治療の多様化により単独科での対応から各科連携、あるいは地域の先生方との病診連携を中心とする治療体制が必要となり、口腔領域の疾病に関しても連携の重要性は日増しに増してきました。当センターは連携治療が重要となる①顎変形症治療②口唇口蓋裂治療③周術期口腔管理の3項目について特に重点的に取り組むため設立しました。

主たる対象疾患

① 顎変形症治療地

域矯正歯科医院との連携により顎変形症(上顎前突、上顎後退、 下顎前突、下顎後退、交叉咬合、顔面非対称等)の手術を行います。

② 口唇口蓋裂治療

産科、新生児科、形成外科、耳鼻いんこう科、小児科、リハビリテーション科、院外の矯正歯科医院と連携したチーム医療として成人するまでの期間治療を一貫して継続して行っています。

③ 周術期口腔管理

がん患者の術前術後、化学療法、放射線治療等における支援療法としての口腔ケア、また心臓血管外科手術時における術前感染予防のため口腔ケアさらに整形外科人工関節手術、脳神経外科手術における口腔ケアを積極的に行っています。なお、地域歯科医師会と連携し、がん患者における口腔管理の継続にも力を入れています。

診察日及び担当医

① 顎変形症毎

週火曜日(担当医師:内藤克美)

② 口唇口蓋裂

毎月第2火曜日午後(担当医師:深水秀一【浜松医科大学形成外科教授】)

③ 周術期口腔管理

月曜日、火曜日、水曜日、金曜日(担当医師:内藤慶子)