グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  病院の紹介 >  私たちがめざすもの >  地域への貢献

地域への貢献


健診センター事業の推進

  1. メタボリックシンドロームに重点をおいた生活習慣病の予防のため、特定健康診査(特定健診)及び特定保健指導を実施します。
  2. 高齢化や生活習慣病の増加を踏まえ、一般健診、がん検診及び人間ドックの受け入れ を強化し、疾患の予防、早期発見を推進します。
  3. 子育て、介護、仕事、家事などで多忙な女性が、乳がん検診を受けられるジャパン・マンモグラフィーサンデー(10月第3日曜日)への参加や休日(土曜日・日曜日)における乳がん検診の実施を積極的に行います。
  4. 乳がん検診を充実するため、乳房超音波検査の実施体制を整えます。


市民への啓発活動

地域の医療の中心を担う地域医療支援病院および地域がん診療連携拠点病院として、市民の健康増進のため医療に関する情報を広く提供することを目的として市民公開講座を開催します。


救急医療体制の強化

「断らない救急」を目指して、救急搬送患者をより効率的に受け入れるよう診療体制の強化を図ります。


がん診療の提供・充実

地域がん診療連携拠点病院として、質の高い診断と治療(手術・放射線治療・化学療法) の提供、積極的な患者支援を遂行します。
がん診療支援推進室を立ち上げ、がん診療拠点病院指定の維持とがんゲノム医療の提供体制を整備します。
がん患者が主体的に日ごろの悩みや日常の困ったことなどの情報を交換し、それをがんに関する専門の知識をもった看護師や社会福祉士がサポートする場として、がんサロン「ひたなぼっこ」を、毎月1回、木曜日に病院内の患者図書室で開催しています。