グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  病院の紹介 >  私たちがめざすもの >  安全・安心な医療の提供

安全・安心な医療の提供


医療安全推進のために

①当院の医療安全推進の基本理念

当院では『安全・安心な地域に信頼される病院』を基本理念としています。
医療安全推進の基本理念は、「患者さんの立場に立ち患者さんが安心して医療を受けられる環境を整えること」です。
医療事故は組織としてどのように防止するべきかという明確な姿勢を示し、対策を講じる必要があります。

②医療安全推進の目的

当院での医療事故の発生・再発を予防し、医療の質の確保と安全な医療を提供するための医療安全体制を確立していくことを目的としています。①安全文化の構築、②職員を問責にしない報告の文化の育成、③必要な財政的処置を講じることなどに対し、組織として最大限の努力を傾ける方針です。
詳細は、医療安全推進室のページへ

小児・周産期医療

(1)周産期医療の充実

浜松市内の分娩施設において受け入れ困難となった場合においても、当院において受け入れができるよう、産婦人科医師を確保し、メディカルバースセンター(めばえ)をはじめ地域母子周産期医療センターにおける受け入れ強化に努めています。
平成29年9月8日には、活動および実績が評価され、厚生労働省から産科医療功労者を受賞しました。 われわれスタッフは、「浜松で産みたい、育てたい、住みたい」という声が聞こえるような、より理想的な産科医療の実践を皆さんと一緒に目指します。

出産についてはメディカルバースセンター めばえページをご覧ください。

(2)小児医療の充実

一次救急医療を担当する医療機関と連携を図り、小児患者を積極的に受け入れるよう診療体制の強化を図ります。
小児アレルギー診療を充実し、アレルギー経口負荷試験の入院患者の拡充を図るなど、アレルギー疾患医療拠点病院としての体制を整えます。

日本医療機能評価認定病院

安全・安心な病院であるために、当院は医療の質向上の取り組みとして、公益財団法人 日本医療機能評価機構による、病院機能評価(3rdG:Ver.1.1)を受審し、認定を受けています。
※公益財団法人 日本医療機能評価機構とは、病院など医療機関の機能を中立的な立場で評価し、問題点の改善支援を通じて、医療の質の向上を図ることを目的に設立された団体です。

患者支援センターの充実

入院を予定している患者が、安心して入院医療が受けられるよう、外来において入院中に行われる治療の説明、持参薬の確認、褥瘡・栄養スクリーニング等を実施する体制の整備を目指します。

チーム医療の充実

NST・嚥下チーム・褥瘡チーム・ICT・認知症ケアチーム・緩和ケアチームなどの活動を強化し、患者の皆さまが安心して穏やかな療養生活を送れるよう、主治医や看護師等と連携してサポート体制の充実を図ります。