グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  病院の紹介 >  院長挨拶

院長挨拶


浜松医療センター院長/海野 直樹

海野 直樹

浜松医療センターは、静岡県西部地区を診療圏とする高度総合医療機関であり、地域医療支援病院、災害拠点病院、地域がん診療連携拠点病院、地域周産期母子医療センター、アレルギー疾患医療拠点病院、日本脳卒中学会一次脳卒中センター、そしてがんゲノム医療連携病院の責を担っています。当院は医師会中央病院を前身として開院し、その後、公益財団法人浜松市医療公社が指定管理者として管理を行う現在の浜松医療センターと改称され、今年で開設47年になります。また浜松医科大学の開学以来、その教育病院として医学生の卒前卒後教育や、大学との共同研究も数多く実施してまいりました。良き医療者を育てるための教育と人材の育成も当院の重要な責務です。臨床研修医の指定病院として、あるいは日本専門医機構の専攻医の教育病院として、総合診療内科や、救命救急センターなど多くの診療科の特色を生かした育成プログラムを組んでいます。また看護教育につきましても、看護学校生の実習指導のみならず、看護のエキスパートの養成を目指し、現在15分野25名の専門看護師・認定看護師が活躍しており、今年度中には特定看護師も誕生する予定です。更に、浜松市医師会との関係も非常に深く、今も開放型病院として診療所の医師が病院の医師と共同して診療にあたるオープンシステムを取り入れております。今後も地域の先生方や医療従事者の方々との連携を緊密に行って参ります。
一方、ますます高度化する医療の中で、当院は高度急性期病院として今年は高圧酸素治療やda Vinciロボット支援手術を始める予定でいます。また白血病に対する造血幹細胞移植術(骨髄移植、末梢血幹細胞移植)も始まります。更には患者さんの医療環境の改善を図るため、令和元年から新病院の建設を目的として病院前駐車場並びに浜松市立看護専門学校の跡地の整地工事を行っており、今年はいよいよ新病院本体の建築工事が始まります。新病院は高度ICUなどを備えた最新の高度医療が提供できる病院になる予定です。地域の皆様ならびに患者の皆様には工事に関連してたいへんご迷惑をおかけいたしますが、安全第一で進めてまいりますので、どうぞご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
当院は今後も地域の医療機関との役割分担、連携をさらに深めつつ、地域包括ケアシステムの中で機能し、地域医療の水準向上に寄与する急性期病院を目指します。救急医療、がん診療、周産期・小児医療など、急性期医療を必要とする患者さんに高い水準の医療を提供し、更には回復期の病院や、在宅診療へとスムーズな移行が可能となる体制の構築に努力してまいります。「安心・安全な、地域に信頼される病院」の理念の下、今後も質の高い、安全な医療を提供できるよう、職員が一体となり努めてまいりますので、皆様の御理解と御協力をよろしくお願い申し上げます。

令和2年1月  
病院長 海野直樹