グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  病院の紹介 >  活動と特色 >  がん拠点病院

がん拠点病院


地域がん診療連携拠点病院の指定について

浜松医療センターは「地域がん診療連携拠点病院」に指定されました。

がん診療連携拠点病院指定書

厚生労働省は、日本中どこでも質の高いがんの治療を受診できる体制を確保するため、全国各地にがん診療の中心となる病院を「がん診療連携拠点病院」として指定しています。

医療センターは、厚生労働大臣から「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けました。(指定期間は、2019年4月1日から2023年3月31日まで)これにより、静岡県西部地区におけるがん診療の中心的病院として他の医療機関との連携を深め、今まで以上にがん診療機能の充実を図り、早期発見、早期治療を目指した専門的な治療体制を確立し、高度で良質な医療を提供します。

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会について

国・静岡県では、がん対策推進基本計画において、「がん診療に携わるすべての医療従事者が基本的な緩和ケアを理解し、知識と技術を習得する」ことを目標に掲げています。
この目標達成のため、国では平成29年6月までに、拠点病院においてがん診療に携わるすべての医師、初期臨床研修2年目から初期臨床研修終了後3年目までの全ての医師、病院幹部が、緩和ケア研修会を受講することを求めています。
なお、当院でも、「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催指針」に基づく研修会を、毎年開催しております。なお、当院の研修修了者は下記の通りです。

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会のご案内

緩和ケア講習会とは


県西部がん診療連携拠点病院 支持療法担当者会勉強会について

平成30年8月に第3期がん対策推進基本計画が閣議決定され、がん医療の充実として支持療法の推進が謳われました。
また、第2次浜松市がん対策推進計画においても、支持療法の一環として、がん患者の周術期の口腔ケアについて、がん診療連携拠点病院
と地域歯科医師が連携して、地域でがん患者をサポートすることが求められています。
そこで、当院は、地域全体への医科歯科連携を進めるため、医療従事者を対象として、勉強会を開催します。
多数の参加をお待ちしています。

支持療法担当者会勉強会

指示療法担当者会勉強会


がんゲノム医療連携病院に指定について

当院は、がん対策推進基本計画(第3期)に基づき整備が進められる「がんゲノム医療連携病院」に平成30年10月1日付で指定をされました。静岡県内においては特定機能病院を除くと2番目の指定となります
がんゲノム医療連携病院は、がんゲノム医療中核拠点病院と連携して、遺伝子パネル検査による医療の提供、遺伝カウンセリングの実施やがんゲノム医療に関する情報提供などの役割を担ってまいります。
当院では、2つの中核拠点病院と連携し、ゲノム医療を推進してまいります。

連携先となるがんゲノム医療中核拠点病院(50音順)

  • 慶應義塾大学病院
  • 名古屋大学医学部附属病院

詳細につきましては、厚生労働省のホームページをご参照ください。
厚生労働省のページ(外部サイトへ移動します)