文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

看護部長挨拶

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 看護部から > 看護部長挨拶

看護部長挨拶


看護部長





杉山 由香


 看護部は、病院理念である「安全・安心な、地域に信頼される病院」を原点とし、患者さんやご家族、他の職種とも良好なコミュニケーションを図りながら連携し、質の高い看護サービスを提供できるよう努めてまいります。特に今年度は、看護部目標にも挙げました「生活を支える視点で患者さん、ご家族を支援する」ことに力を入れていきます。 今、目の前の患者さんに自分ができる最善の支援は何かを考え、思いやりを持ちながら看護実践できる看護職を求めます。適切な観察力と誠実で丁寧な看護を提供できる人材の育成を目指し、教育・研修に取り組んでいます。 

また、看護職がやりがいを持ちいきいきと看護実践できるよう、多くの仲間と看護を語り合い、お互いに励まし成長できる職場づくりを目指します。

看護部の理念

  • 地域の皆様一人ひとりが大切にされたと感じられる看護を行います。

看護部の方針


    ・人権を尊重した安全で質の高い看護を提供する

    ・患者参画型看護を充実させる

    ・経営改善に貢献する

    ・人材育成と自己の能力開発をおこなう

    ・事例検討を継続し、倫理観を高める

    平成29年度 看護部目標

        1.外来・入院から退院まで、生活を支える視点で患者・家族を支援する
        2.多職種と協働する中で、看護の専門性を発揮する
        3.身体拘束を見直し、行動制限の最小化に取り組む
        4.6S活動を推進し、業務改善につなげる

       

職員教育

     

     看護部の看護教育の目標は

    1. 地域社会の期待する医療・看護を目指し、質の高いサービスを提供できる看護職員を育てる
    2. 安全で専門性のある、個別的な看護ができる看護職員を育てる

    この2つの実現を目指して教育プログラムを構成しています。
    クリニカルラダーを取り入れた段階的な教育システムを軸に、看護実践能力で必要とされている「意思決定を支える力」「ニーズをとらえる力」「ケアする力」「協働する力」の4つの力を看護職員一人ひとりが身につけ実践できることを目指しています。

    新人指導は、技術トレーニングを具体的に計画し、一つひとつの技術指導から始まります。基本的な看護技術を身につけ、ケアを安全安楽に実施できる能力を養います。その後は、医療安全を学び実践に役立てる研修、救急看護についての必要なスキルを身につける研修など、ステップアップを段階的にできるように教育環境を整えています。
    2年目以降は、メンバーシップ、リーダーシップ、看護事例研究など看護職員一人ひとりのキャリアステップを支援します。
    また、当院には15分野の専門看護師・認定看護師が活躍し、専門分野の看護の知識・技術の普及や指導を行い、スペシャリストとして看護の質の向上に貢献しています。

     看護職員は、看護部の理念にある「大切にされたと感じられる看護」に向かい、一人ひとりがやりがいを持って取り組んでいます。是非、私たちと共に看護しませんか?

ページの先頭へ

ご案内