文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

新生児科

ホーム > ご案内 > 診療科のご案内 > 新生児科

特徴

NICU(周産期センター内)に専従しています。超低出生体重児(1000g未満)、早期産児、呼吸障害児、循環不全・ショック、重症感染症など新生児における急性期の病態に全て対応できるよう、24時間体制をとっています。そして常に産科と連動しております。

NICUには、12床分の重装備の全身モニタリングシステムを有し、ABR、9台の人工呼吸器なども装備しています。また広範囲(神奈川県から愛知県)からの紹介緊急入院例も年々増加してきております。そのおかげで、日本周産期・新生児医学会から周産期新生児専門医のための、基幹研修施設として認可されました。

外来診療担当医

外来診療担当医表はこちらです

ページの先頭へ

医師紹介

科長 松井 浩之まつい ひろゆき

専門分野

早産児、低出生体重児の呼吸管理など新生児医療全般


資格等

認定医:日本産科婦人科学会

専門医:産婦人科専門医

    :日本周産期・新生児医学会・新生児専門医

インストラクター:日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法専門コース(Aコース)

略歴

1996年3月 浜松医科大学医学部卒業
2000年5月浜松医療センター 新生児科

ページの先頭へ

ご案内