文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく

医療安全推進のために

ホーム > 医療センターについて > 医療安全推進のために

 

★当院の医療安全推進の基本理念

当院では『安全・安心な地域に信頼される病院』を基本理念としています。
医療安全推進の基本理念は、「患者さんの立場に立ち患者さんが安心して医療を受けられる環境を整えること」です。
医療事故は組織としてどのように防止するべきかという明確な姿勢を示し、対策を講じる必要があります。

★医療安全推進の目的

    当院での医療事故の発生・再発を予防し、医療の質の確保と安全な医療を提供するための医療安全体制を確立していくことを目的としています。 安全文化の構築 A職員を問責にしない報告の文化の育成 B必要な財政的処置を講じることなどに対し、組織として最大限の努力を傾ける方針です。

★医療安全管理体制

医療事故を防止するためには、医療機関全体の効果的な組織体制を構築する必要があります。組織と しては医療安全推進委員会、部門別セーフティマネジャー(現場安全管理者)これを統括する部署として医療安全推進室を設置しています。医療安全推進室には兼任の室長(副院長)と専従セーフティマネジャー(看護師)、専任の看護師、兼任薬剤師、兼任臨床工学技士、兼任事務員が配置されています。
院内で報告された事例の収集・分析・検討を行います。関連部門や関連委員会で改善策の検討と決定 を行い、職員へ周知します。
・医療安全推進委員会:院内・外で発生した事例報告、分析、改善策の検討と決定など
・医療安全評価会議:院内で発生したインシデント・アクシデント事例の報告と分析など
・現場安全管理者会議:各部門・部署の安全管理のための情報共有、医療安全に関する教育
・院内医療事故調査委員会:医療事故調査制度に基づいた院内調査の実施
・院内有害事例調査委員会:発生した有害事例に対する院内調査の実施

★院内の医療安全を推進するための組織図

 

★医療安全推進室の役割

医療安全管理体制を統括することを目的に設置された院長の直轄の部署です。室長(兼任 副院長)、専従セーフティマネジャー(看護師)、専任看護師、兼任薬剤師、兼任臨床工学技士、兼任事務員から構成されています。
インシデント・アクシデント事例の収集、事例の分析、改善策の検討と決定、職員への周知、評価。医療安全推進委員会、現場安全管理者会議の開催と運営、医療安全を推進するための職員研修会の開催など行っています。
 また、患者さん・家族から医療安全に関して不安や疑問などある場合には、お話を伺ったりご相談を受けています。
*具体的活動
@全職員から報告されるインシデント・アクシデントの事例収集と事実確認、調査・分析
A発生した事例の改善策の検討、部門間の調整、職員への周知など
B医療安全推進委員会、医療安全評価会議、現場安全管理者会議の開催と運営
C医療安全推進マニュアルの改訂と周知、各部門のマニュアルの改訂の支援
D医療安全推進のための、院内のラウンドによる点検・改善策の実施状況の評価など
E院内・院外で発生したアクシデント事例・警鐘的事例の職員への情報提供と注意喚起
F医療安全推進のための、職員教育・研修会の開催
G医療安全に関する相談
H医療機能評価機構への事例報告
I医療安全に関するワーキンググループの運営
・静脈血栓塞栓症予防・患者発生時対応に関するプロジェクトチーム
・抗血栓薬ワーキンググループ
・チームSTEPPSワーキンググループ

★報告制度

院内で発生したインシデント・アクシデント(合併症を含む)全ての事例が報告の対象です。
職員は全事例インシデントシステムへの入力(報告)を行います。
事例の発生に関わった職員だけでなく、事例を発見した職員も報告を行います。当院の全職員(委託職員を含む)は、インシデント・アクシデント事例の報告義務があります。
インシデント報告では、ヒヤリハット事例として発生を未然防止できた事例の報告も行っています。

★医療安全推進のための取り組み

医療安全を推進するために、当院では様々な取り組みを行っています。
1.患者間違えを防止するために、お名前の確認を行っています。
   診察 、検査、注射薬、内服薬投与など行う時に、お名前の確認をさせていただいています。
2. 入院中、救急外来では患者間違えを防止するためにシステムによる認証を行っています。
当院では、患者さんのお名前の確認と伴に、患者さんに装着していただいたリストバントと 認証システムを活用し、患者間違えを防止しています。夜中に点滴を交換する場合にも、リストバンドによる認証を行っています。睡眠の妨げとなってしまうこともありますが、安全のためにご理解とご協力をお願いします。
3.お薬手帳による内服薬の確認
既往歴により複数の病院を受診している場合には、お薬の処方が複数の病院で行われている事があります。当院で安全に治療や検査を受けていただくためには、飲んでいるお薬を全て把握する必要があります。外来受診の際や入院した際には、お薬手帳や医薬品情報提供書をご持参ください。
4.転倒・転落防止策への取り組み
  病院は住み慣れたご自宅の環境とは異なり、予想以上に転びやすい環境です。病気やけが、手術、検査、お薬、加齢、発熱などの影響が加わると、さらに転倒するリスクが増加します。
転倒防止策として、入院中はスリッパやサンダルを禁止しています。

★医療安全のために、患者さん・ご家族へご協力のおねがい

医療の安全を推進するためには、患者さんやご家族の協力は欠かせません。医療安全の推進活動に参加していただくよう、ご協力をお願いします。

  1. 医療者と協力し自らの医療に積極的に参加してください。
  2. 検査や治療などは、十分に理解していただき受けてください。
  3. 不安や疑問に感じたり、理解しづらいことは遠慮なく医師・看護師にご質問下さい。
  4. お名前をフルネームで名乗っていただくことにご協力ください。
  5. 入院中はリストバンドの装着にご協力ください。

6.お薬手帳は外来受診時、入院時は必ず持参してください。お薬手帳を提示していただくことで、重複投与や治療に伴う休薬間違えを防ぐことができます。病院、診療所などで出されたお薬は、お薬手帳一冊にまとめておきましょう。
7.採血、レントゲン、CT、内視鏡検査など様々な検査を行う場合があります。検査を受けたら結果を確認しましょう。
検査結果は当日に医師から説明がある場合と、結果が出るまでに数日かかることもあり、次回
の外来受診時に説明する場合もあります。
8.入院中の履物は、スリッパ、サンダルなどは滑りやすく、骨折や頭部外傷などの危険があります。
履きなれた滑りにくい踵をおおう靴にしましょう。
9.ご自宅や施設で転倒・転落の経験がある場合には、医師または看護師にお知らせ下さい。
10.薬や食べ物でアレルギーがある場合は、医師または看護師にお知らせ下さい。
11.入れ歯、補聴器、メガネ、コンタクトレンズなどは保管をお願いします。
入院中や治療中、検査中に外していただくことがあります。外した時にはすぐに容器にしまい、なくさないように保管をお願いします。
12.入院中はマッチ、ライター、刃物、カミソリ、はさみなどの危険物の持ち込みはご遠慮いただいていますので、ご協力ください。


ページの先頭へ

医療センターについて